日めくりオントモ語録/イヴァン・ミリエ

読みもの
2018.09.02

自分に誇りを持って、楽器にも誇りを持って周りに働きかけることが大切です。

―― イヴァン・ミリエ「バンドジャーナル」2005年9月号より

パリ警視庁音楽隊の首席ユーフォニアム奏者のミリエ。音楽をやっていく上で重要なのは自ら前に進むこと。ユーフォニアムという楽器がどんなものか知らない人にでも、続けて働きかけていくことは、次世代にとっても大切なことだと語りました。

マラン・マレ:「ラ・フォリア」
イヴァン・ミリエ(ユーフォニアム) エマニュエル・バルトリ(ピアノ)

イヴァン・ミリエ(Ivan MILHIET 1973-)

フランス・リモージュ生まれ。フランス国立パリ高等音楽院でフェルナン・ルロンに師事。
アコーディオン、コントラバスとトリオを組んだり、ブラスバンドと競演するなど、個性的なレパートリーを豊富に有する一方、パリ・オペラ座管弦楽団、フランス放送管弦楽団など一流オーケストラにソリストとして招かれることも多い。
パリ警視庁音楽隊にて首席ユーフォニアム奏者を務めるほか、リヨン国立高等音楽院などで後進の指導にあたっている。

ツイートする
シェアする

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ