日めくりオントモ語録/北條加奈

読みもの
2018.07.27

先入観のない子どもたちが聴いて感じたイメージはすべて正解です。

――北條加奈「教育音楽 小学版」2018年8月号より

「聴く耳」を育てるメソッドについて。長3和音と短3和音を聴き比べて、それぞれどんなイメージを感じたかを「直感」で子どもたちに答えてもらうが、実はこれには「不正解」は存在しないそうだ。「どんなに奇抜な答えが返ってきても否定せず『おお~、いいね! 面白い!』と受け入れてみてください。子どもが自身の感じたことを、ここで受け入れてもらえると、音楽に対する自信や興味にもつながります」と北條さん。子どもの想像力を大事にし、共有することが大事なのだ。

北條加奈(Kana HOJO)

東京藝術大学声楽科卒、同大学院修士課程を修了。中学校在学中、合唱部に所属したことを機に、声楽の勉強を開始。以後、国内外の合唱コンクールに出場し、数々の入賞経験を経て、声楽とアンサンブル双方の研鑽を積み重ねる。その長い経験で培われた合唱・発声指導は非常に高く評価されており、ヴォイストレーナー・合唱指揮者として、児童合唱団からシニア層まで、年代を問わず数多くの合唱団体の指導にあたっている。著書に「合唱エクササイズ 表現編 HOJO METHOD①~③」(カワイ出版)、「必ず役立つ合唱の本 ボイストレーニングと身体の使い方編(監修:相澤直人)」(ヤマハミュージックメディア)。NHK東京児童合唱団ヴォイストレーナー・講師。

ツイートする
シェアする

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ