日めくりオントモ語録/古澤巌

読みもの
2018.10.18
この記事をシェアする
イラスト:駿高泰子

ビートの波に乗りたいと思ってサーフィンもやってます。

―― 古澤巌「音楽の友」2018年11月号より

クラシック音楽の枠にとらわれず、俳優活動や東儀秀樹、cobaとTFC55というバンドで演奏活動も行なうヴァイオリニストの古澤巌。
音楽のためにラテンダンスや合気道をたしなみ、サーフィンは趣味だと語りつつも「コンマ数秒の誤差で、音楽のビートが見える人と見えない人がいる、ビートが見えるようになりたい」と、しっかり音楽に生きているようです。

古澤巌(Iwao Furusawa)

全日本学生音楽コンクール(中学生の部)第1位。日本音楽コンクール第1位受賞。桐朋学園大学首席卒業後、文化庁派遣により、フィラデルフィア・カーティス音楽院卒業。また、ザルツブルク・モーツァルテウム音楽院等で、ミルシテイン、ヴェーグ、ギトリス、チェリビダッケ等に師事。

1987年帰国後、葉加瀬太郎とバンド「ヴィンヤードシアター(葡萄畑の宴)」を結成。ジプシーバンドのクロスオーバー・エンターテイメントとして、センセーショナルに登場する。同時期、1988年より4年間、東京都交響楽団の世界ツアーのため、史上初のソリスト兼コンサートマスターの特別契約を結ぶ。

90年代は、CM(カフェ・グレコ)『マドリガル』、(ピースライトBOX)『ショーロ・インディゴ』等、桁外れのヒットとなる。伝説的コンピレーションアルバム「image」初回には、ギター最高峰アサド兄弟と『ニューシネマ・パラダイス』を収録。

ヨーヨー・マやステファン・グラッペリ、高橋悠治等、数々のスーパースターと共演。外国人クラシック+ジプシーバンド「タイフーン」等で、年間150回にも及ぶ大ホール公演を続ける。2006年、葉加瀬太郎との再会を期に、HATSレーベルに移籍。「Dandyism」シリーズ、「THE VIOLIN BROTHERS」等、華やかなエンターテインメントを繰り広げる。また、自身監修による快眠CD「Dreams」がゴールドディスク大賞(インストゥルメンタル・アルバム・オブザイヤー)を受賞。

2010年、夏「東儀秀樹×古澤巌」全国ツアーやサントリーホールにて「古澤巌×宮川彬良with東京フィル」を行う。2010年4月から12月まで毎週末、FM OSAKA制作、全国38のFM局(JFN系列)「古澤巌のKeep On Smiling」でパーソナリティーを務めた。

ツイートする
シェアする

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ