飯尾洋一の音楽夜話 耳たぶで冷やせ Vol.6

クラシック化しつつあるジョン・ウィリアムズ作曲の「スター・ウォーズ」

読みもの
2018.09.19

人気音楽ジャーナリスト・飯尾洋一さんが、いまホットなトピックを音楽と絡めて綴るコラム。第6回は、SF映画といえばやっぱりこの作品、『スター・ウォーズ』です。メイン・テーマを始めとした数々の名曲は、もはや古典化=クラシック音楽になったといっても過言ではないかもしれません。
『スター・ウォーズ』に限らず、物語から音楽だけが飛び出していく現象は、実は昔から良くあることなのです。あなたはいくつ知っていますか? 「名曲独り歩きプレイリスト」付き!

この記事をシェアする
Star Wars: A New Hope (C) & TM 2015 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved./Star Wars: The Empire Strikes Back (C) & TM 2015 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved./Star Wars: Return of the Jedi (C) & TM 2015 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
ナビゲーター
飯尾洋一 音楽ライター・編集者
飯尾洋一
ナビゲーター
飯尾洋一 音楽ライター・編集者
音楽ジャーナリスト。都内在住。著書に『はじめてのクラシック マンガで教養』[監修・執筆](朝日新聞出版)、『クラシック音楽のトリセツ』(SB新書)、『R40のクラシッ...

一流オーケストラも演奏する《スター・ウォーズ》

ジョン・ウィリアムズといえば映画音楽の世界の大巨匠。
ヒット曲はいくつもあるが、とりわけ人気が衰えないのが『スター・ウォーズ』だろう。オーケストラのコンサートでも、特にファミリーコンサートや名曲コンサートなど、入門者を意識した公演でよく演奏されている。メイン・タイトルのみが演奏される場合もあれば、《スター・ウォーズ組曲》として演奏される場合もある(組曲版のラインナップはメイン・タイトル、レイア姫のテーマ、帝国のマーチ、ヨーダのテーマ、王座の間とエンド・タイトルの5曲が一般的)。

日本のオーケストラはもちろんのこと、ウィーン・フィルやベルリン・フィルのような超一流オーケストラまでが演奏しているのだから、これはもう「映画音楽」という枠から、「クラシック」の仲間入りを果たしつつあるといってもいいのかもしれない。

映画本体より長い寿命をもつ音楽たち

もっとも、すぐれた映画音楽は、しばしば映画本体よりも長い寿命をもつことになる。

たとえばニーノ・ロータ。彼もまた数多くの名曲を映画音楽の分野に残しているが、『ロメオとジュリエット』や『ゴッドファーザー』の愛のテーマなどは、映画本編を見たことのある人よりも、曲を知っている人のほうがずっと多い。フランコ・ゼッフィレッリ監督の映画『ロメオとジュリエット』は1968年、フランシス・コッポラ監督の映画『ゴッドファーザー』は1972年に公開された。いくら映画史に残る名作であっても、半世紀も経てば「みんなが知っている映画」とは言えなくなる。

ところが、音楽は映画本編から飛び出して、フィギュアスケートの音楽やお店のBGMとして、いろんな形で聴き継がれてゆく。ここまで生き残ってしまえば、そう簡単に忘れ去られることはない。つまり、「クラシック」だ。

映画『ゴッドファーザー』を観て感激した人からすると、「あの曲はあのシチュエーションで流れるから意味があるんだよ!」と言いたくなるかもしれないが、ここまで音楽の力が強いと、もはや「原典」など必要とせずに人の心を動かしてしまう。

でも、実はこういった現象は昔からよくあることとも言えるのだ。ハリウッド映画の直系のご先祖様はオペラであるという考え方からすると、これはなじみ深い現象といっていい。

マスネ作曲の《タイスの瞑想曲》は、ありとあらゆるアレンジで演奏される超有名曲だが、もともとはオペラ《タイス》の一場面の音楽。しかしオペラ本編を観たことがあるという方はとても少ないはず。《タイスの瞑想曲》は毎日のようにどこかで演奏されているが、オペラ《タイス》はめったに上演されることがない。

同じようにロッシーニの《ウィリアム・テル》序曲もだれもがどこかで聴いたことのある曲だが、オペラ《ウィリアム・テル》の上演に接する機会はまれだ。

ヘンデルの《オンブラ・マイ・フ》は盛んに歌われているが、この曲が登場するオペラ《セルセ》がどんな話かを知っている人は少ない。
よくできた音楽は、物語の助けを借りずとも時代を超えて広がってゆくものなのだろう。

映画『スター・ウォーズ』の公開は1977年。こちらもずいぶん前の話ではあるが、生みの親のジョージ・ルーカス監督の手を離れて今もシリーズが続いており、第9作が2019年に公開されるという。本編のストーリーがいつまで続くのかわからないが、あのテーマ曲の寿命はさらにずっと先まで続くにちがいない。

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』

10月3日(水) 先行デジタル配信開始
10月17日(水)
MovieNEX(4,200円+税)
4K UHD MovieNEX(8,000円+税)
4K UHD MovieNEXスチールブック(数量限定/9,000円+税)発売
©2018 & TM Lucasfilm Ltd.
starwars-jp.com/hansolo

ツイートする
シェアする

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ