インタビュー
2020.11.13
『音楽大学・学校案内2021』活躍する音高・音大卒業生インタビュー

昆夏美さん——中3の春、ミュージカル俳優になると決めた

『音楽大学・学校案内』編集グループ
『音楽大学・学校案内』編集グループ 音楽之友社

執筆:堀内亮(音楽大学講師)、荒木淑子(音楽ライター)、青野泰史・夢川愛唯奈(編集グループ)。音楽之友社および『音楽大学・学校案内』編集グループは、1958年に年度刊...

取材・文:平林理恵 写真:堀田力丸 取材日:2020年6月23日、音楽之友社・音楽の友ホールにて

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

音高・音大を卒業して、さまざまなフィールドで活躍している方に、音楽を学ぶことの魅力について語っていただくインタビュー。今回は、女優の昆夏美さんにお話を伺った。

昆夏美さん
1991年、東京都生まれ。2010年洗足学園高等学校音楽科ミュージカルセクション卒業、2014年洗足学園音楽大学音楽学部ミュージカルコース卒業。2011年、大学2年生の時にミュージカル『ロミオ&ジュリエット』のヒロイン、ジュリエット役に抜擢されてプロデビュー。これまでに『レ・ミゼラブル』のエポニーヌ、『ミス・サイゴン』のキムなど、誰もが憧れる役を数多く演じてきた。また、ディズニー映画『美女と野獣』のベル役の吹き替えや、テレビアニメ『一週間フレンズ。』の主題歌など、多方面で活躍している。

——ミュージカル俳優を目指したきっかけは?

幼いころから歌ったり踊ったりすることが大好きで、小学校5年から児童劇団に入っていました。中学3年になるまでは完全に趣味で、普通の高校に進むつもりで、塾にも通っていましたが、ある時知人から、洗足学園音楽大学の附属高校にミュージカルコースがあると聞かされたんです。

大好きなミュージカルを学校で学ぶ道がある、と思ったら、もうどうしても挑戦したくなってしまって。それで両親にその気持ちを打ち明けると、突然の進路変更なんて反対されるだろうと思いきや、両親はとても驚きながらもあっさり「いいよ」と、音高受験のためのレッスンに通うことを勧めてくれたんです。思い切ってやりたいことをやりなさい、そんなふうに言われている気がしました。

——中3になってからのゼロスタートで、入試までは実質半年間ほど。入試準備は大変だったのでは?

はい、大変でした、「コールユーブンゲンって何?」みたいなところからのスタートだったので。聴音は最初まったくできなかったし、楽典にいたっては実は今も苦手(笑)。でも、なににせよ、繰り返してコツをつかむことで少しずつできるようになってくる、その進歩が楽しみでもありました。もちろん苦労はしましたが、好きなことを勉強しているからでしょうか、辛くはなかったです。合格したときは、うれしくて「やったー!」という感じ。自分の世界が一気に広がったような気がしました。

昆さんの高校時代の思い出、大学進学時のエピソード、そして大学2年生でのプロデビューから現在にいたるまで、ミュージカルへの思いがたっぷり語られているインタビューは、『音楽大学・学校案内2021』に掲載中!
(上記は、誌面より一部抜粋したものです)

昆夏美さんからの応援メッセージ動画公開中!

プレゼント企画

昆夏美さん直筆! 応援メッセージ入り絵馬を抽選で3名様にプレセント!

応募方法

(1)音楽之友社出版部書籍課のTwitter @shosekika をフォロー

(2)該当のツイート(応募期間には「固定されたツイート」として一番上に表示)をリツイート。その際、『音楽大学・学校案内2021』の巻頭特集「活躍する音高・音大卒業生インタビュー 昆夏美」の感想をお書きください。これで応募完了となります!

応募締切: 2020年11月15日(日)23:59まで

 

昆夏美さん 今後の出演情報

ミュージカル『マリー・アントワネット』

マルグリット・アルノー役 東急シアターオーブ

2021年1月28日(木)~2月21日(日)

詳しくはこちらから

 

YouTube  昆夏美の「こんちゃんねる」

 

2021年東宝カレンダー発売中! 詳しくはこちらから

『音楽大学・学校案内』編集グループ
『音楽大学・学校案内』編集グループ 音楽之友社

執筆:堀内亮(音楽大学講師)、荒木淑子(音楽ライター)、青野泰史・夢川愛唯奈(編集グループ)。音楽之友社および『音楽大学・学校案内』編集グループは、1958年に年度刊...

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ