日めくりオントモ語録

日めくりオントモ語録/佐渡裕

読みもの
2018.04.29

バーンスタインの演奏を生で聴いて、あの興奮を感じることはもうできませんが、逆に作曲家としてのバーンスタインの価値が高まっていると思います。

―― 佐渡裕 「音楽の友」2018年 5月号より

生誕100周年を迎えて、今まで以上に取り上げられる機会が増えているレナード・バーンスタイン。佐渡さんはバーンスタインの弟子として、そして、世界で活躍する指揮者として“作曲家”バーンスタインをもっと多くの人に知って欲しいと語っています。

佐渡裕 (Yutaka SADO 1961-)

京都市立芸術大学卒業。故レナード・バーンスタイン、小澤征爾らに師事。1989年ブザンソン指揮者コンクール優勝。1995年第1回レナード・バーンスタイン・エルサレム国際指揮者コンクール優勝。現在、パリ管弦楽団、ベルリン・ドイツ交響楽団、ケルンWDR交響楽団、バイエルン国立歌劇場管弦楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ロンドン交響楽団、北ドイツ放送交響楽団等、欧州の一流オーケストラに毎年多数客演を重ねている。2015年9月より、オーストリアを代表する100年以上の歴史を持つトーンキュンストラー管弦楽団音楽監督に就任し、欧州の拠点をウィーンに置いて活動している。

ツイートする
シェアする

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ