読みもの
2021.04.28
名曲と名画で読む「時代を変えた7つの物語」第1話

自然を愛し、清貧に生きた「エコ」な聖人〜アッシジの聖フランチェスコの物語

西洋史の重要エピソードを、絵画や音楽で紐解き、今につながるヒントを得る連載。第1回は、現代においても人気を誇るカトリック教会の聖人、アッシジの聖フランチェスコの物語。何ももたないことで、教会権力が腐敗していた時代を変えた、聖人の生涯をみてみましょう。

加藤浩子
加藤浩子 音楽物書き

東京生まれ。慶應義塾大学文学部卒業、同大学院博士課程満期退学(音楽史専攻)。音楽物書き。主にバッハを中心とする古楽およびオペラについて執筆、講演活動を行う。オンライン...

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

アッシジの地に祀られる人気の聖人フランチェスコ

時代の変わり目には「人」がいる。その人生に時代の移り変わりを映し出し、時代を超えて人々の心に記憶される「人」が。

13世紀の初めのイタリアに生きたアッシジの聖フランチェスコ(1182-1226)は、時を経てなおヴィヴィッドな「エコな聖人」である。

ローマの東50キロに位置する、スビアーコの聖窟インフェリオーレ教会所蔵の現存最古のフランチェスコ像(1223年)。

フランチェスコの故郷アッシジは、丘の上に広がる典型的な中世の町。だが、異様なのはそのたたずまいだ。街の4分の1ほどが、丘を覆うように建てられた大聖堂、「聖フランチェスコ大聖堂」で占められている。林立する柱に支えられた圧倒的な姿は、周囲の沃野からよく見える。

アペニン山脈スバシオ山から臨むアッシジ
©︎GunnarBach/Gallery2

建物は遺骸を納める下堂と、参詣する人を信仰に誘う上堂からなっていて、下堂でフランチェスコの遺骸に詣でた人は、上堂に描かれた壁画で彼の生涯をたどる。

広々と明るい上堂で参詣者を迎えるのは、人物に生き生きとした表情を与えて「西洋絵画の父」と謳われるフィレンツェの画家ジョット(ジョット・ディ・ボンドーネ/1267?〜1337)が描いた「聖フランチェスコの生涯」だ。

ジョットが1292年〜96年にかけて、アッシジの聖フランチェスコ大聖堂の壁に製作した「聖フランチェスコの生涯」。28のフレスコ画からなる連作。
同じく大聖堂の壁に描かれたチマブーエ(1240?~1302?/ジョットの師)による聖フランチェスコの肖像画。

十字軍で栄え、腐敗した権力に反発し、人々が共感した清貧さ

聖フランチェスコは、カトリック教会でも抜群の人気を誇る聖人。裕福な商人の家に生まれながら、「神の声」を聞いて信仰にめざめ(当時はよくあった)、富も家族もこの世のすべてを捨てて野に出、愛と平和を説いて清貧のうちに生きた。

ジョット作『父親に着物を返す聖フランチェスコ』。

腐敗していた聖職者たちにうんざりしていた人々は、ぼろをまとい、石の上に眠り、托鉢で命をつなぎ、壊れた教会を修復し、イエス・キリストにならって病人や貧者に仕えるフランチェスコに次第に共感し、あるいは弟子として生活をともにし、あるいは信者として付き従った。

フランチェスコの人気は時代の要請でもある。当時は「十字軍」の真っ最中。教皇ウルバヌス2世が、セルジュク・トルコに占領されたキリストの聖地エルサレムを奪い返せと呼びかけて始まった十字軍は、最初こそ成功したものの、その後は失敗に次ぐ失敗だった。

けれど、中東との交流はヨーロッパを刺激し、貿易による富をもたらす。アッシジのような都市が繁栄できたのも、十字軍のおかげだ。

あちこちから税を取り立てていた教会も富み栄えた。妻帯を禁じられていた司教たちは愛人を囲い、美食を謳歌し、豪華な聖堂を建てた。怒り狂った民衆の中から、教皇に反旗をひるがえす聖者たちが現れる。危険を感じた教皇は彼らを弾圧した。

けれど、フランチェスコは弾圧されなかった。彼は教皇や聖職者には従えと説いたから。ある日、フランチェスコと12人の仲間たちが新しい修道会をつくる許可を求めて教皇の前に現れたとき、教皇インノケンティウス3世は、裸足で、布と縄だけを身につけ、薄汚れた彼らの姿に驚いたという。しかし教皇は計算高かった。自分たちに向けられている批判をかわすためにも、懐の深いところを見せておかなくては。幸いこの若者たちは、教皇庁には反抗する気がなさそうだ。

ジョット作『教皇インノケンティウス3世に謁見するフランチェスコ一行』。

教皇からのお墨付きを得たフランチェスコと仲間たちは、「小さき兄弟団」(のちフランチェスコ会)と名乗って活動に励んだ。やがてメンバーは5000人に膨れ上がり、フランチェスコの手に余るようになる。フランチェスコはグループの運営を弟子に任せ、隠遁生活に入った。

生きとし生けるものすべてを慈しんだ聖フランチェスコは、引退して森や洞窟に暮らすようになってから、動植物、そして太陽や水といった自然そのものと、より深く心を通わせるようになる。フランチェスコが説教を始めると、鳥たちが舞い降りてきて聞き入ったエピソード「小鳥への説教」は有名だ。

ジョット作『小鳥に説教をするアッシジの聖フランチェスコ』

まもなくフランチェスコは、山の中で「聖痕」を受ける。イエス・キリストが、磔になったときに打たれた手足にできたのと同じ傷だ。

ジョット作『聖痕を受けるアッシジの聖フランチェスコ』

奇跡である。だが傷は傷だった。いくつもの病気を患っていたフランチェスコは急激に衰弱し、その2年後に天に召された。

亡くなって2年後、フランチェスコは列聖(模範となる信者を、教会が聖人の地位にあげる)される。同時に、フランチェスコの遺骸を祀る聖堂の計画が立ち上がり、丘を覆う「聖フランチェスコ大聖堂」が建設されることになる。

ジョットの連作と同じく大聖堂に所蔵されているピエトロ・ロレンツェッティ作『聖フランチェスコと福音書記者聖ヨハネと聖母(夕陽の聖母)』

作曲家の創作を刺激した「小鳥への説教」の伝説

「小鳥に説教する聖フランチェスコ」のエピソードは、音楽家にも霊感を与えた。

19世紀の大ピアニストで、晩年は聖職者になった信仰深い人物フランツ・リストは、愛らしいピアノ作品「小鳥に説教するアッシジの聖フランチェスコ」を書き、

20世紀フランスの大作曲家で、敬虔なカトリックであると同時に「鳥類学者」を自称するほどの鳥好きだったオリヴィエ・メシアンは、オペラ《アッシジの聖フランチェスコ》で、彼の人生のハイライトを描写した。

「小鳥に説教する聖フランチェスコ」はオペラの最大の聴きどころで、メシアンはこれを書くために「天国に一番近い島」として知られる南太平洋のニューカレドニアに飛び、鳥の声を採譜している。

メシアン《アッシジの聖フランチェスコ》第2幕6場「小鳥に説教する聖フランチェスコ」

モノに頼らず自然を大切にする姿が、現代でも共感を呼ぶ

一切の財産を拒み、すべてのいのちに愛を注いだ聖フランチェスコ。彼は、何も持たなくとも喜びに満ちて生きることができると身をもって教えた。そんなフランチェスコを、「エコな聖人」と呼びたくなるのは当然だろう。実際彼は、1980年、教皇ヨハネ=パウロ2世から「自然環境保護の聖人」に指定されている。「モノ」に頼らない生活は、コロナ禍で見直される私たちの生活のヒントにもなるのではないだろうか。

自然やいのちを、あるがままに受け入れたフランチェスコ。その眼差しは、やがて訪れるルネッサンス——教会の束縛から人々が解き放たれ、自然や人間の、あるがままの姿に目を向ける時代のはじまりを告げるものだったのである。

初期バロックの巨匠カラヴァッジョ作『祈るアッシジの聖フランチェスコ』。聖フランチェスコは多くの芸術家に愛され、作品の題材となった。
加藤浩子
加藤浩子 音楽物書き

東京生まれ。慶應義塾大学文学部卒業、同大学院博士課程満期退学(音楽史専攻)。音楽物書き。主にバッハを中心とする古楽およびオペラについて執筆、講演活動を行う。オンライン...

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ