日めくりオントモ語録/アレクサンドル・タロー

読みもの
2018.07.17

コンサート会場にいるときは、みんなが手と手を取り合って同じ体験をしている。そのときにはなにか、互いをゆるしあい、分かち合える、そして、平和がある。

―― アレクサンドル・タロー 「レコード芸術」2016年7月号より

バッハの《ゴールドベルク変奏曲》の最後のアリアは、沈黙・静寂であるというアレクサンドル・タロー。コンサートで体験する静寂は、日常に感じるものとは違って分かち合える静寂であり、それを通して「本質的なこと以外はなんでもない」と思うことができると語りました。

J.S.バッハ:ゴールドベルク変奏曲

アレクサンドル・タロー(ピアノ)

アレクサンドル・タロー(Alexandre THARAUD 1968〜)

1968年フランス生まれ。 パリ国立高等音楽院卒業。1989年、ミュンヘン国際コンクールにおいて第2位を獲得し、以後国際的な演奏活動を展開している。現代フランスを代表するピアニストの1人で、特に優れたCD録音に注目が集まっている。近年ではハルモニア・ムンディやエラート(旧ヴァージン・クラシックス)のアーティストとして、ラヴェル、クープラン、ショパン、サティ、J.S.バッハなどの作品の録音を行い、ディアパソン、フォノ・フォルム、クラシカ、モンド・ドゥ・ラ・ミュジクといったヨーロッパの主要音楽誌上で絶賛を博している。リサイタル・ピアニストとして各地のオーケストラとの共演やフェスティバルへの出演はもちろん、若手作曲家への委嘱による「ラモーへのオマージュ」、「クープランへのオマージュ」、1日を通してサティの作品を演奏する「ジュルネ・サティ」など、意欲的なプログラムで常に注目を集めている。

ツイートする
シェアする

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ