日めくりオントモ語録/アンネ=ゾフィー・ムター

読みもの
2018.08.26

自分では変化してきたという感じはしていませんが、つねに新しい挑戦をしてみたいという気持ちはあります。

―― アンネ=ゾフィー・ムター「音楽の友」2008年8月号より

モーツァルトの協奏曲で初めて自分で指揮をしながら弾いたムター。「以前、同じ曲をカラヤンと演奏したときには、ヴァイオリン・ソロだけに集中していれば良かったので、かなり違いますね(笑)」と大変だった経験を振り返った。「自分で、曲全体の構成を考えて、それをオーケストラ・パートにも集中する。まったく違う体験です。何より、オーケストラ・プレーヤーに自分が目指している演奏をどのように伝えるか、という作業が大変でした」と語った。しかし、挑戦しがいのある仕事だったようで、楽しんで楽員たちとコミュニケーションが取れたと言う。

アンネ=ゾフィー・ムター(Anne-Sophie MUTER 1963~)

1963年スイス・バーゼル近郊のラインフェルデンに生まれる。カール・フレッシュ門下のエルナ・ホーニヒベルガー、アイダ・シュトゥッキに師事。1976年のルツェルン音楽祭のデビュー演奏会を聴いたカラヤンに認められ、翌77年のザルツブルグ聖霊降臨祭音楽祭のベルリンPO演奏会にソリストとして登場し大きな話題となった。以後、88年8月のチィコフスキーのヴァイオリン協奏曲まで頻繁に録音を重ねた。また、若い音楽家を支持する目的でアンネ・ゾフィー・ムター財団(本部・ミュンヘン)を設立、才能ある世界の弦楽器楽者たちに奨学金を支給するなど、精力的に活動している。

ツイートする
シェアする

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ