日めくりオントモ語録/飯田有抄

読みもの
2018.04.27
この記事をシェアする
イラスト:駿高泰子

おそらく多くの人にとって、ブルクミュラーの楽譜は個人の思い出のつまったアルバムのような存在だろう。

――飯田有抄『ブルクミュラー25の不思議 なぜこんなにも愛されるのか』より

ブルクミュラーあるあるの1ネタとして、不思議なことに、自分が子どもの頃使っていたブルクミュラーの楽譜を後生大事に持っている人が多いようです。個人の思い出ももちろんですが、誰かの使っていた楽譜をのぞいても、同じような記号や注意を受けいてると、懐かしさに感極まったりできるもの。筆者は楽譜の書き込み展示会などもやってみたいと発言しているが、盛り上がること間違いないだろう。

飯田有抄(Arisa IIDA 1974~)

クラシック音楽ファシリテーター。東京藝術大学音楽学部楽理科卒業、同大学院修士課程修了。Maqcuqrie University(シドニー)通訳翻訳修士課程修了。2008年よりクラシック音楽ライターおよび音楽関係の翻訳(英語)として活動を開始。雑誌、書籍、楽譜、CD、コンサートプログラムなどの執筆・翻訳のほか、音楽イベントでの司会やプレトーク、教育イベントやワークショップのファシリテーター、セミナー講師、アドヴァイザーとしての仕事に従事。NHKのTV番組「ららら♪クラシック」やNHK-FM「あなたの知らない作曲家たち」、コミュニティFM番組「Music Book Cafe」に出演。クラシック音楽専門インターネットラジオOTTAVAレギュラープレゼンター(木曜18-22時生放送)。イベントではピアノ演奏、トイピアノ演奏も行い、クラシック音楽の普及にまつわる幅広い活動を行なっている。

ツイートする
シェアする

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ