日めくりオントモ語録/ヴァレリー・ゲルギエフ

読みもの
2018.06.16
この記事をシェアする
イラスト:駿高泰子

サウンドは情緒、知性、空想、芸術的なヴィジョンの集約でなくてはなりません――そして、すべての要素を溶け合わせ、それこそ自分だけのものである何かを創造しなければならないのです。

―― ヴァレリー・ゲルギエフ ジョン・アードイン著 亀山郁夫訳『ゲルギエフとサンクトペテルブルグの奇蹟』(2005)

マリインスキー劇場を世界的な地位へと引き上げた指揮者 ヴァレリー・ゲルギエフ。 第13章「ゲルギエフとオペラ」において、指揮者のオーケストラについての役割をたっぷりと語っています。指揮者は演奏中、サーモスタットのようにオーケストラの温度を変え、時にパンチを食らわせ、自分が思い描くヴィジョンを伝えなければならない、と語っています。

ヴァレリー・ゲルギエフ(Valery Abisalovich GERGIEV 1953 -)

1953年、モスクワでオセット人の両親の家庭に生まれる。その後、北オセチア共和国の首都オルジョニキゼ(現在のウラジカフカス)に移り、オルジョニキゼ音楽学校を卒業後、レニングラード音楽院(現サンクトペテルブルク音楽院)でイリヤ・ムーシンに師事し、指揮法を学ぶ。同院在学中にカラヤン指揮者コンクール2位、全ソ連指揮者コンクール1位の栄誉に輝く。1977年レニングラード音楽院を卒業し、テミルカーノフの助手としてキーロフ劇場(現マリインスキー劇場)の指揮者となる。1988年キーロフ劇場芸術監督に就任する。35歳の若さで、しかもソ連崩壊の混乱期に遭遇し、ゲルギエフの劇場経営は困難を極めたが、国際的な支援を得て、ロシアの古典オペラに新たな演出法を導入した。また、多くの新人歌手(アンナ・ネトレプコなど)を発掘することにも成功し、マリインスキー劇場を世界的な地位へと引き上げた。1996年には総裁に就任し、劇場の総責任者としての重責を担っている。1990年にはロンドン公演、1992年にはニューヨーク公演を実現し、国際的な指揮者としても活躍を続けている。

ツイートする
シェアする

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ