日めくりオントモ語録/イリアン・ガルネッツ

読みもの
2018.07.10

どんなに有名な曲でも常にその本質に立ち返り、新たな可能性を見出そうとする楽団員たちの熱心な姿勢に魅かれます。

――イリアン・ガルネッツ「音楽の友」2018年7月号より

バンベルク響の第1コンサートマスターに迎えられ、改めてこのオーケストラの魅力を聞かれて一言。「ボヘミアをルーツとするドイツの名門オーケストラであること」はもちろん、上記のように楽団員たちの姿勢に魅力を感じたと語った。

イリアン・ガルネッツ(Illian Garnetz 1983~)

1983年、サンクトペテルブルク生まれ、モルドバ共和国キシナウ出身。ヘルシンキとモスクワで学んだ後、ブルクウェル王立音楽院でイゴール・オーストラフ教授に師事した。ダヴィッド・オイスラフ国際ヴァイオリン・コンクールやエリーザベと王妃国際音楽コンクール等に入賞。彼の世代の最も優れたヴァイオリン奏者の一人である。2016/17年シーズンからバンベルク響の第1コンサートマスターを務めている。

ツイートする
シェアする

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ