日めくりオントモ語録/アリス=紗良・オット

読みもの
2018.07.26

私のアイデンティティは『音楽家』だと言えるようになりました

――アリス=紗良・オット「ムジカノーヴァ」2018年8月号より

「舞台に上がると自分の国籍が関係なくなります」と語るアリス=紗良・オット。「ドイツと日本の血は私の個性で、それが解釈や演奏表現にも表れるかもしれない」と自己分析した。

アリス=紗良・オット(Alice=Sara OTT 1988~)

1988年、ミュンヘン生まれ。浜松国際ピアノアカデミーコンクールでモスト・プロミッシング・アーティスト賞を受賞、イタリアのシルヴィオ・ベンガーリ国際ピアノ・コンクールにて、最優秀賞に輝く。2000年よりザルツブルクのモーツァルテウム音楽院にてカール=ハインツ・ケマリング教授に師事。08年、ドイツ・グラモフォンと専属録音契約を結び、同年11月、リストの《超絶技巧練習曲》でデビュー。今月8月下旬に、自身8枚目となるアルバム『ナイトフォール』を発売予定。

ツイートする
シェアする

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ