日めくりオントモ語録/ファジル・サイ

読みもの
2018.10.29
この記事をシェアする
イラスト:駿高泰子

音楽という大きな館に住んでいるようなもので、書くのも弾くのも同じ感覚。

―― ファジル・サイ「音楽の友」2018年11月号より

作曲もピアノ演奏も5歳からしていたというファジル・サイ。「演奏家としては、自分の作品もベートーヴェンのそれと同様に解釈して臨んでいます。ただ、自分の作品は、その時々によってさまざまに変えたくなってしまう」と語るその理由は、「自作では、時々の考えやインスピレーションを取り込んでいきたくなってしまうのです。ショパンも自作自演するたびに出版した楽譜と異なっていたというから、私も許されるかな、と」話した。

ファジル・サイ(Fazil SAY)

1970年、トルコのアンカラ生まれ。92年から95年までベルリン音楽院で学ぶ。94年にフランスでのリサイタル・デビューを飾る。以来、各有名ホールでのリサイタルに加え、世界一流のオーケストラと定期的に共演するなど、世界各地で活発な活動を展開している。作曲家でもあり、ピアノ協奏曲《シルクロード》、《ブラック・アース》をはじめ、交響曲4曲を書いており、自作曲を収めたCDを定期的にリリース。2016年秋はモーツァルトのピアノ・ソナタ全集をリリースし、2017年にエコー・クラシック賞を受賞。2014年にサイ作曲の交響曲第1番《イスタンブール》が日本初演された。

ツイートする
シェアする

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ