プレミア試写会に5組10名様をご招待!【9月30日(日)まで】

映画館で舞台ウラまで鑑賞できる! 世界最高峰のオペラ「METライブビューイング」

イベント
2018.09.10

ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場(MET)の最新オペラを映画館で上映する「METライブビューイング」。劇場の贅沢と、映画館の気楽さがどちらも楽しめるこの企画の魅力をよしひろまさみちさんに聞きました。プレミア試写会のチケットプレゼントもありますので、ふるってご応募ください!

この記事をシェアする
©Marty Sohl/Metropolitan Opera
おススメする人
よしひろまさみち 映画ライター・編集者
よしひろまさみち
おススメする人
よしひろまさみち 映画ライター・編集者
音楽誌、女性誌、情報誌などの編集部を経てフリーに。『sweet』『otona MUSE』で編集・執筆のほか、『SPA!』『oz magazine』など連載多数。日本テ...
目次

劇場以上? 世界最高峰のオペラを映画館で気楽に観劇できる「METライブビューイング」

舞台演劇もコンサートもオペラも大好きなんだけど、劇場で数時間はキツイ。じつは筆者はその口で(いらない情報だけど、頻尿気味)、しかもオペラはチケット代もバカにならないし、どうしても観たいという演目以外はなかなか……腰が重!

そんなあたしにしっくりきてしまったのが、「METライブビューイング」。

ニューヨークのメトロポリタン歌劇場で上演されている、最新のオペラ公演を映画館で観られるという企画上映です。なにがいいって、定位置に座って観る観劇では絶対に不可能な、最高のカメラワークと映画館の音響システムを最大限に活かしたサウンド。それに、ばっちり日本語字幕付き。これ、もしかして生で観るよりもずっとエキサイトするし、なにより飽きないんですよ。

ほら、オペラって長いから、ちょっと睡魔が……ってこともあるじゃないですか。でも、視点がコロコロ変わって、そのシーンのポテンシャルを引き出してくれるもんだから、まったくダラダラすることがないんですね。なので、オペラ初心者という人は、METライブビューイングからトライしてみると、オペラの楽しさをわかっていただけるかと。

また、バックステージやインタビュー、稽古風景などの、いわゆるオマケの特典映像が織り交ぜられているので、オペラ一作品を淡々と観るよりも興奮。はっきりいって、退屈な映画を観るよりもずっといい。しかも、お安い! 映画の一般料金よりは割高ですが、1作品あたり3600円(一部作品のぞく)って、オペラのチケットではありえない激安価格。ちなみに現地METのチケットは、安くても120ドル、高い席だと1300ドル超えですよ! ぶっちゃけ、METで最高の席をゲットするよりも、いい環境で観られるのがこのライブビューイングのウマミです。

一度これを体験したら、そりゃ世界中で12年も続いている企画上映だわ、と納得していただけることうけあいです。あ、映画館だからといって、頻繁にトイレには立ってませんよ(でも、歌劇場で中座するよりはずっと行きやすい)。

(よしひろまさみち)

休憩中には舞台裏で出演者などへのインタビューが放映される。インタビュアーは著名な歌手が務めるのも見所のひとつ。
©Marty Sohl/Metropolitan Opera
ニューヨーク・オペラの殿堂メトロポリタン歌劇場。
©Jonathan Tichler
豪華絢爛な劇場の雰囲気も、ライブビューイングでは堪能できる。(画像はオープニングガラの様子)
©Ken Howard

「METライブビューイング」本上映は11月2日スタート!

11月2日の《アイーダ》を皮切りに、エリーナ・ガランチャ/ロベルト・アラーニャの2大スターで送る《サムソンとデリラ》や、世界で最も注目されているディーヴァのひとり、ディアナ・ダムラウと大人気テノール、フアン・ディエゴ・フローレスの《椿姫》など、見逃せない演目が続々登場!! 

《アイーダ》
©Marty Sohl/Metropolitan Opera
《サムソンとデリラ》
©Vincent Peters/Metropolitan Opera
《椿姫》
©Vincent Peters/Metropolitan Opera
《カルメン》
©Vincent Peters/Metropolitan Opera
《ワルキューレ》
©Vincent Peters/Metropolitan Opera

10月26日(金)《アイーダ》プレミア試写会に5組10名様をご招待! 【9月30日(日)応募締切】

プレゼント情報
METライブビューイング《アイーダ》プレミア試写会

抽選で5組10名様にプレミア試写会チケットをプレゼント!

開催日時: 10月26日(金)18:00開場/18:30開映

会場: 東劇(東京都中央区 築地4丁目1−1)

 

応募締切: 9月30日(日)

応募方法: 下の申込みフォームに必要事項をご記入の上ご応募下さい。

発表: 当選者には10月2日(火)、メールにてお知らせいたします。

 

上映時間: 3時間36分(予定)

ジュゼッペ・ヴェルディ作曲 歌劇《アイーダ》
指揮: ニコラ・ルイゾッティ
演出: ソニヤ・フリゼル
出演: アンナ・ネトレプコ(アイーダ)、アニータ・ラチヴェリシュヴィリ(アムネリス)、アレクサンドルス・アントネンコ(ラダメス)

豪華絢爛! オペラ《アイーダ》をONTOMOで予習

上映演目はヴェルディ作曲の名作《アイーダ》。古代エジプトを舞台に、エチオピアの女王アイーダと、エジプトの勇者ラダメスの悲恋を描いた、オペラ史上もっとも壮大な演目のひとつです。

サッカー日本代表の応援でもお馴染みの「凱旋行進曲」など聴きどころ満載の《アイーダ》をONTOMO記事でも予習してみては?

ツイートする
シェアする

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ