イベント
2020.06.30

読売日本交響楽団が7月5日から演奏会再開、マスク付きのブラボーチケットも!

ブラボーチケットの特典、読響オリジナルマスク
©読売日本交響楽団

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

読売日本交響楽団は、7月5日の特別演奏会をもって演奏会を再開する。当初予定されていた7月の主催シリーズ公演は中止となったが、政府および東京都のガイドラインに基づいて検討を重ね、3つの特別演奏会を開催することとなった。

続きを読む

活動再開の第1回目となる7月5日の#この自然界に生きる《特別演奏会/日曜マチネーシリーズ》では、休憩時間なしの1時間公演、客席数は定員の半数以下の1000人以下に設定。会場に入る際には全員に検温を実施し、チケットのもぎりやプログラムの手渡しをやめるなど、万全の感染症対策をして臨む。

3回の特別公演では、各回限定30席でブラボーチケットも用意されている。通常料金プラス1,000円で販売される読響へのサポートチケットで、読響オリジナルマスク付き。マスクは事前送付も希望できるため、着用して演奏会に足を運ぶこともできる。よく見ると縦の紫色と水色の線が「YOMIKYO」となっているこだわりのデザインも嬉しい。

5日分は完売しているが、14日と21日開催分は4日(土)から一般発売開始なので、お買い逃しなく。サポートの一部は「読売光と愛の事業団」が設立した「コロナ医療支援基金」に寄付される。

演奏会情報
#この自然界に生きる《特別演奏会/日曜マチネーシリーズ》

日時: 2020年7月5日(日)14:00開演

会場: 東京芸術劇場大ホール

曲目: マーラー/交響曲第5番から第4楽章「アダージェット」、メンデルスゾーン/管楽器のための序曲モーツァルト/交響曲第41番《ジュピター》

出演: 鈴木優人(指揮)

料金: 全席指定 ¥5,000、ブラボーチケット ¥6,000(読響へのサポートチケット、オリジナルマスク付き)

詳しくはこちら

©読売日本交響楽団

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ