おやすみベートーヴェン 第15夜【ボンでの少年・青年時代】

《ヴァイオリン協奏曲 ハ長調》——ベートーヴェン初めてのヴァイオリン協奏曲

プレイリスト
2019.12.30

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

この記事をシェアする
監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ
ONTOMO編集部
ONTOMO編集部
ONTOMO編集部
神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

ベートーヴェン初めてのヴァイオリン協奏曲 《ヴァイオリン協奏曲 ハ長調》WoO5

1790年、ベートーヴェンは19歳の時に初めてヴァイオリン協奏曲を書きました。この年は、ハイドンがコンサートで渡英するためにボンに滞在した年でもあります。

1790年暮れにハイドンがボンに滞在することを承知していたベートーヴェンであったが、会見の機会はなかっただろう。

時間的にみてボン逗留は一泊程度で、(中略)ベートーヴェンがハイドンと会見するのは帰路の92年7月初旬であったと考えてよいだろう。

——平野昭著『作曲家◎人と作品シリーズ』(音楽之友社)31ページより

今やその名を知らない人はいないであろうハイドンとベートーヴェン。後に師弟関係を結ぶことになる2人が出会うのは、まだ先の話のようです。

そんな年に書かれたこの作品は、若さがあふれています。

作品紹介

《ヴァイオリン協奏曲 ハ長調》WoO5

作曲年代:1790年〜1792年

初演:不明

出版:1879年フリードリヒ・シュライバー社(ウィーン)

平野昭著『作曲家◎人と作品シリーズ』(音楽之友社)
ツイートする
シェアする

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ