日めくりオントモ語録/パトリック・ガロワ

読みもの
2018.04.23

日本には、日本の素晴らしいエコール(楽派)が存在している。(中略)その上に立ってヨーロッパでスタイルや、伝統、文化全般を吸収してほしいと思う。そして、より多様な可能性をもった演奏家を目ざすことです。

――パトリック・ガロワ「バンドジャーナル」1984年10月号より

現在はフルーティストとしてだけでなく、指揮者としても活躍するガロワが、日本の学生へのメッセージを求められ答えた一言。彼個人としては、数多くの名フルーティストを生んだフランスのエコールも、日本の学生に学んでほしいと付け加えています。

パトリック・ガロワ(Patrick GALLOIS 1956-)

北フランス生まれのフルート奏者。1975年、パリ国立高等音楽院を一等賞を得て卒業。リール・フィルハーモニー管弦楽団の首席奏者を経て、1977年に21歳でフランス国立管弦楽団の首席フルート奏者になり、一躍スター・フルーティストとなった。

ツイートする
シェアする

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ