読みもの
2020.09.02
音大ガイド

愛知県立芸術大学 音楽学部

現在、音楽学部を設置している四年制大学は国内に23校あります。ここでは、それぞれの音楽学部の特色についてご紹介します。

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

愛知県立芸術大学音楽学部の特色

音楽学部では確かな演奏技術や音楽作品を創作するための表現技法、音楽の学問的研究など、それぞれの学生が豊かな感性を養うと同時に、表現技術を習得できるよう、学部1年次から個人レッスンを中心とした基礎教育を行う。

3、4年次は将来の幅広い活動を支えるだけの応用力を養うべく、各専攻で実践的なカリキュラムが組まれている。また、世界的に活躍する芸術家や研究者を招いての特別講座やアーティスト・イン・レジデンス、美術学部とのコラボレーションなどの活動を通じて多様な経験を積み重ねていく。

作曲コースでは、まず西洋芸術音楽の方法論で音楽的基礎力を養い、その上で世界の先端的音楽の分析法や他領域とのコラボレーションの仕方、邦楽・民族音楽へのアプローチ方法、現代社会とアートの関わり方などについて研究する。

音楽学コースでは、専門科目を中心に外国語習得も重視し、音楽の実技や理論を幅広く学び、さらに音楽の実践に密着した研究を展開する。

声楽専攻では、1年次からのソロの授業と並行して、特に必修外国語に配慮し、オペラの教育としては3年次から「オペラ基礎(演技の基礎、身体表現、ダンスなど)」、「オペラ重唱」、さらに4年次に総合的な「オペラ研究」の授業を組み入れている。

ピアノコースでは、4年間を通してバロックから現代までの各様式について一通りの知識と奏法を学び、しっかりとした基礎能力を身に付けたうえで、重奏、アンサンブル、声楽・器楽伴奏を学ぶ。

弦楽器コースは、ソロの勉強だけでなく、アンサンブル教育を重視し、室内楽や弦楽合奏、オーケストラ作品の研究、実習を行うことにより、音楽的内容や本質をより深く極めていく。

管打楽器コースは、独自の授業「管打学基礎」により、管打楽器奏者のための基礎知識や各楽器の特色を勉強する。他楽器の知識を習得するため、小編成のアンサンブルを組んで各自が任意の曲を編曲して実際に演奏し、あわせてオーケストラ・レパートリーの研鑽も行う。(2020年)

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ