日めくりオントモ語録/エマニュエル・パユ

読みもの
2018.06.23
この記事をシェアする
イラスト:駿高泰子

コンサートは生きています。お客様はいま演奏されている音楽とともに生きてほしいし、演奏する側も同じ生命を分かち合う体験をしたい。

―― エマニュエル・パユ 「音楽の友」2018年7月号より

レ・ヴァン・フランセとして来日するたびに、ほぼ毎回プログラムに入っているプーランクの「六重奏曲」に関して。どんなに慣れた曲でも毎回リハーサルで全曲を確かめ、音色や響きを探りながら、新鮮な気持ちで客席とコミュニケートする方法を探るのだそうです。

エマニュエル・パユ (Emmanuel PAHUD 1970-)

人気と実力の双方を兼ね備えたフルート界のスター。 1970年ジュネーヴ生まれ。ブリュネル、グラーフ、デボスト、マリオン、ラルデ、アルトー、ニコレに学ぶ。 89年神戸、92年ジュネーヴの両国際コンクールで優勝。93年ベルリン・フィルに、同団111年の歴史の中で最年少記録で首席奏者として入団。以来ソリストとしても世界各地で活躍し、ワーナー専属アーティストとしてコンスタントにCDを発売。深い音楽性と、自然で色彩感豊かな音色が絶賛を博している。

レ・ヴァン・フランセ

エマニュエル・パユ Emmanuel Pahud (フルート)
フランソワ・ルルー Francois Leleux (オーボエ)
ポール・メイエ Paul Meyer (クラリネット)
ラドヴァン・ヴラトコヴィチ Radovan Vlatkovic (ホルン)
ジルベール・オダン Girbert Audin (バソン)
エリック・ル・サージュ Eric Le Sage (ピアノ)

ポール・メイエが中心となり、国際的に活躍する10年来の友人たちと、フランスのエスプリを受け継ぐ木管アンサンブルとして結成。演奏される機会の少ない名曲の紹介、最高の奏者で最高の演奏を心がけており、合奏でも個人の輝きを見せるというフランスの伝統を重んじている。

ツイートする
シェアする

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ