日めくりオントモ語録/ハンス・ペーター・シュー

読みもの
2018.10.11
この記事をシェアする
イラスト:駿高泰子

大きな音を出せるからといって、自分ばかりが目立っていては曲を崩すだけです

―― ハンス・ペーター・シュー「バンドジャーナル」2018年11月号より

長らくウィーン・フィルハーモニー管弦楽団で首席トランペット奏者を務めたハンス・ペーター・シュー。トランペットはさまざまなジャンルで演奏をリードできる楽器だが、一人で好き勝手に演奏するのではなく、集団の一部として音楽を、ハーモニーをつくるのが重要だと語りました。

ハンス・ペーター・シューがインタビュー中に思い出深い演奏として挙げた作品
ピエール・ブーレーズ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 
グスタフ・マーラー: 交響曲第5番 嬰ハ短調

ハンス・ペーター・シュー(Hans Peter SCHUH 1956-)

1956年オーストリアのピンガウで生まれる。グラーツ音楽芸術大学オーバーシュッツェン分校でハンス・マイスターに師事した後、ウィーン国立音楽大学にてヘルムート・ウォービッシュのもとで研鑽を積む。リンツ・ブルックナー管の首席奏者を経て、1978年からウィーン・フィルに在籍、1993年には首席トランペット奏者に就任。このほかトランペット&ストリングズ・ウィーンなどでソリスト/室内楽奏者としても活躍。PMFや草津など国際アカデミーやフェスティバルにも参加、後進の育成にも積極的に取り組んでいる。

ツイートする
シェアする

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ