日めくりオントモ語録/田中伊佐資

読みもの
2018.04.22

自腹を切って連載のネタにするほど余裕があるわけでもなく、ああやっぱりこういう音はいいなあと肌で感じてしまい、何やかやと買ってしまったのである。

――田中伊佐資「オーディオそしてレコードずるずるベッタリ、その物欲記」より

オーディオやレコードに対する止まらない物欲について。「やりたくもないことに金を払って学習したいとは思わないから、向き合ってみるかと決断した段階で、好きになることを予知している(いや、すでに好きになっている)ような気もする。境目が定かでない理由がなんとなくわかってきた」と補足した。

田中伊佐資(Isashi TANAKA)

東京都生まれ。音楽雑誌編集者を経てフリーライターに。現在「ステレオ」「オーディオアクセサリー」「analog」「ジャズ批評」などに連載を執筆中。著作に「オーディオ風土記」(DU BOOKS)、監修作に「新宿ピットインの50年」(河出書房新社)などがある。また衛星デジタルラジオ「MUSIC BIRD」にて「アナログ・サウンド大爆発!~オレの音ミゾをほじくっておくれ」のパーソナリティを務める。

ツイートする
シェアする

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ