日めくりオントモ語録/ダヴィッド・ゲリエ

読みもの
2018.06.06
この記事をシェアする
イラスト:駿高泰子

体格や性別の違いは問題ありません。自分たちが思っているよりも、音のエネルギーは伝わるものです。

―― ダヴィッド・ゲリエ 「バンドジャーナル」2017年11月号より

若いトランペットとホルン奏者にメッセージを、と問われて一言。エネルギーは必要だが、不自然な強さは必要ないとのこと。トランペットとホルンという2種類の楽器を操るゲリエ。トロンボーンやヴァイオリン(!)も演奏することがあるそうです。

ダヴィッド・ゲリエ (David GUERRIER 1984-)

7歳でトランペットを始め、リヨン高等音楽院でピエール・デュトに師事。ジャン=フランソワ・マドゥフにナチュラルトランペットを学ぶ。2000年に満場一致の最優秀で卒業。その後ミシェル・ガルサン=マレとローランド・ベルガ―にホルンを学ぶ。2003年ミュンヘン国際コンクール・トランペット部門で1位受賞。2004~2009年フランス国立管弦楽団、2009~2010年ルクセンブルク・フィルのソロ・ホルン奏者を務めた。

ツイートする
シェアする

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ