日めくりオントモ語録/ナディア・クラスティヴァ

読みもの
2018.08.12
この記事をシェアする
イラスト:駿高泰子

(《カルメン》は)劇中の歌詞のモティーフも、それぞれが人々に親しまれていると思う。だから、聴く人それぞれにその人が選ぶ“一節”があってもいいと思う。

――ナディア・クラスティヴァ「音楽の友」2018年8月号より

2002年以来、幾多の劇場でカルメンを歌ってきたクラスティヴァは「この演目は、世界一上演回数が多いと言われる人気演目」と説明。クラスティヴァは、カルメンの人物像について「ある意味小さな獣のように、思いがけない瞬間に周りを驚かせる型破りな女性。愛するときにはその人に忠実でいられるのですが、それはあまり長く続かない。なぜなら、彼女は本来『自由』であることに人生を運命づけた人間だから」と分析した。

ナディア・クラスティヴァ (Nadia Krastiva)

ブルガリア生まれ。メゾソプラノ。ブルガリア国立音楽アカデミーで学び、ウィーン、ローマでも研鑽を積む。MET、スカラ座、バイエルン国立歌劇場などで活躍。

ツイートする
シェアする

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ