音楽ことばトリビア ~フランス語編~ Vol.8

秘めたる百合

読みもの
2018.08.29
小阪亜矢子 声楽家・翻訳家
小阪亜矢子
小阪亜矢子 声楽家・翻訳家
東京藝術大学声楽科卒業。尚美ディプロマ及び仏ヴィル・ダヴレー音楽院声楽科修了。声楽を伊原直子、中村浩子、F.ドゥジアックの各氏に師事。第35回フランス音楽コンクール第...

Un lys caché

アン・リス・カシェ

秘めたる百合

歌唱フランス語の発音を色々な人に教えているのだが、生徒がたびたび仏語に対してキレる。

その度に「ごめんねぇ」と、そんな筋合いでもないのに仏語圏を代表して謝るのだが、内心では楽しい。フランス語学習の醍醐味は、その理不尽さ、だからだ。

学習者を悩ませるポイントのひとつは「語尾の字を読むのか問題」ではないだろうか。仏語では、書いてあるのに読まない文字が多く、例えば語尾のsはふつう発音されない。
だが、まれに読まれるので「これは読まないのね?え、こっちは読むの? なんで?(怒)」と、混乱が生じる。

sを読む単語の代表格は「百合 lysまたはlis(リス)」だろう。しかし、百合は人物の美しさや、気高さ、純潔を表すものとして、よく詩歌に登場するため、初学者も遭遇する。フォーレの歌曲〈リディア〉では2番の冒頭で「秘めたる百合が 君の胸でとめどなく 聖なる香りを放つ」と歌われる。

★フォーレ:《2つの歌曲 op.4》 より Nr.2〈リディア〉(ルコント・ド・リール詩)

アメリカ人でパリやロンドンで活動した画家ジョン・シンガー・サージェント(1856-1925)作『カーネーション、リリー、リリー、ローズ』

tもまた、語尾にくると読まれないことが多い。「8月août (ウ)」などがその例だ。

この語はややこしく、語源は英語のAugustなどと同じラテン語のアウグストゥスなのだが、省略しすぎて原型を留めていない。
聴き取りづらいので、語尾のtを復活させて「ウット」と言ったり、「~の月(moi de~)」をつけて「mois d’août (モワドゥット)」などと言う。何のために省略したのか。

読みの省略が多いということは、書き言葉の字は多い。文字のぎっしり詰まった楽譜を必死でさらったのに、本番は1分で終わり、などということが、フランス歌曲ではよくある。

特にプーランクに燃費の悪い楽譜が多い。テンポが速く、短い曲が多いせいもあるのだが、3ページ分の曲が59秒とはあんまりではないか。

★プーランク: 《アラゴンの2つの歌 FP.122》より Nr.2〈雅やかな宴〉(アラゴン詩)

理不尽を強調しすぎてフランス歌曲が嫌われても困るので、百合に戻ってもう1曲紹介して終わりたい。没後100年のドビュッシーによる初期の歌曲〈ロマンス〉。「君の想いの庭から摘んだ 気高い百合の香りはどこへ」という内容だ。

★ドビュッシー: 《2つのロマンス L.78》よりNr.1〈ロマンス〉 (ブゥルジェ詩)

イギリス人画家ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ(1828-1882)作『選ばれた乙女』
ツイートする
シェアする

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ