読みもの
2020.03.19
「音大ガイド」2.音大の受験対策

(9)楽器別で見る 音大入試・受験の実技課題曲例

音大入試では、実際にどのような曲が課題曲となっているのでしょうか? ここでは、声楽も含め主要な楽器ごとに、課題曲としてよく出題される曲をピックアップしました。

ナビゲーター
『音楽大学・学校案内』編集グループ
ナビゲーター
『音楽大学・学校案内』編集グループ 音楽之友社

執筆:堀内亮(音楽大学講師)、荒木淑子(音楽ライター)、青野泰史・夢川愛唯奈(編集グループ)。音楽之友社および『音楽大学・学校案内』編集グループは、1958年に年度刊...

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

ピアノ

ピアノ専攻の入試は、J.S.バッハの作品から1曲、練習曲、古典派のソナタという組み合せで出題されることが多いです。

〈J.S.バッハの作品〉
《平均律クラヴィーア曲集 第1、2巻》(プレリュードとフーガ、またはフーガのみ)がもっとも多く、二声のインヴェンションや三声のシンフォニアもよく出題されています。

〈練習曲〉
ショパンのop. 10やop. 25がよく出題されますが、ツェルニー《練習曲50番・60番》、モシュコフスキー《15の練習曲》、クラーマー=ビューロー《60の練習曲》、クレメンティ《グラドゥス・アド・パルナッスム》などもよく選ばれています。

〈ソナタ〉
ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンなどの作曲家のソナタがよく選ばれています。

声楽

声楽専攻の課題曲の定番はイタリア歌曲。日本歌曲やドイツ歌曲が課題曲となっていることも多いです。複数の曲目のなかから任意の曲を選ぶパターンが多く、一例は次のとおりです。

〈イタリア歌曲〉

  • ジョルダーニ:Caro mio ben(「カロ・ミオ・ベン」)
  • スカルラッティ:Già il sole dal Gange(「ガンジス川に陽は昇り」)

〈日本歌曲〉

  • 山田耕筰:かやの木山の
  • 信時潔:北秋の

〈ドイツ歌曲〉

  • シューベルト:An die Musik(「音楽に寄す」)
  • シューマン:Die Lotosblume(「はすの花」)

フルート

よく出題されるのが、アンデルセン《24の練習曲》です。次に多いのがケーラー《35の練習曲》op.33 第2巻です。ほかにも、イベール《無伴奏フルートのための小品》や、モーツァルトの《協奏曲 第1番 ト長調》K313、《協奏曲 第2番 ニ長調》K314などもよく課題曲となっています。

オーボエ

多くの音大でフェルリング《オーボエのための48の練習曲》が出題されています。次に多いのがヴィーデマン《45の練習曲》。ハイドン《オーボエ協奏曲 ハ長調》、クロンマー《オーボエ協奏曲 ヘ長調》、ルブラン《オーボエ協奏曲 第1番 ニ短調》などもよく出題されます。

クラリネット

クラリネット専攻の課題曲にはウェーバーの作品が多くの音大で選ばれ、《クラリネット小協奏曲 変ホ長調》op.26、《協奏曲第1番 へ短調》op. 73、《協奏曲第2番 変ホ長調》op.74などが出題されています。また、ローズ《32の練習曲》が課題となることも多いです。

ファゴット

多くの音大で、ヴァイセンボーン《バスーン練習曲》op. 8 第2巻が課題曲となっています。ほかに、テレマン《ソナタ へ短調》第1、3楽章や、シュターミッツ《協奏曲 ヘ長調》第1楽章などがよく出題されています。

サクソフォーン

もっともよく出題されているのが、フェルリング/ミュール《サクソフォーンのための48の練習曲》。次によく選ばれているのが、モーリス《プロヴァンスの風景》、グラズノフ《サクソフォーン協奏曲》op.109、クレストン《サクソフォーン・ソナタ》op.19 第1楽章などです。

ホルン

ホルンの課題曲の定番は、モーツァルトのホルン協奏曲。そのなかでもとくに《ホルン協奏曲 第3番 変ホ長調》K447 第1楽章が課題となることが多いです。コプラッシュ《60の練習曲》もよく出題されています。

トランペット

アーバン《12の幻想曲とアリア》が多くの音大で出題されています。ヘンデル《アリアとヴァリエーション》、コレッリ《ソナタ第8番 ニ短調》が課題となっていることも多いです。

トロンボーン

もっとも多く出題されるのが、コプラッシュ《60の練習曲》。ロッシュ《旋律的練習曲》や、ギルマン《交響的断章》op. 88が課題曲となることも多いです。

ユーフォニアム

もっとも多く出題されるのが、ロッシュ《旋律的練習曲》。コプラッシュ《60の練習曲》(トロンボーン)、アーバン《14の特別な練習曲》もよく出題されます。

テューバ

コプラッシュ《60の練習曲》が多くの音大で課題曲となっています。次に、ボルドーニ《43のベルカント練習曲》が選ばれることが多く、ブラゼビッチ《テューバのための70の練習曲集》や、J.S.バッハ(W.ベル編曲)《アリアとブーレ》が課題の音大も多いです。

ヴァイオリン

協奏曲が課題の場合、モーツァルトの《協奏曲第3番・第4番》、ブルッフ《協奏曲第1番》、メンデルスゾーン《協奏曲 ホ短調》op.64がよく選ばれています。練習曲などの場合は、パガニーニ《24のカプリス》op.1、クロイツァー《42の練習曲》、ローデ《24のカプリス》、ドント《24のエチュードとカプリス》がよく出題されています。ほかに、ラロ《スペイン交響曲》、J.S.バッハの無伴奏ソナタ、無伴奏パルティータなどもよく課題となっています。

ヴィオラ

カンパニョーリ《41のカプリス》、シュターミッツ《協奏曲 ニ長調》op.1、ホフマイスター《協奏曲 ニ長調》が多くの音大で出題されています。J.C.バッハ《協奏曲 ハ短調》もよく選ばれています。

チェロ

J.S.バッハ《無伴奏チェロ組曲》や、ハイドン《チェロ協奏曲 第1番 ハ長調》第1楽章が多くの音大で出題されています。また、デュポールの練習曲や、ローブ《音階とアルペジオ》などもよく選ばれています。

コントラバス

コントラバスの課題は自由曲となっていることが多いですが、課題曲が決められている場合はシマンドル《30の練習曲》、カプッツィ《協奏曲 ニ長調》がよく選ばれています。

打楽器

基礎として、小太鼓は基礎打ち(一つ打ち、二つ打ち、五つ打ち、ロールなど)、ティンパニはチューニングや基本奏法(ロール)、マリンバは音階が課題となることが多いです。楽器別に頻出の課題曲は次のとおりです。

小太鼓

  • シローン:ポートレイト・イン・リズム
  • ウィルコクソン:オール・アメリカン・ドラマー 150のルーディメンツ・ソロ

ティンパニ

  • ホッホライナー:ティンパニ・エチュード 第1巻

マリンバ

  • ゴールデンバーグ:シロフォン・マリンバ・ヴィブラフォーンのための現代教本
  • 三善晃:組曲「会話」
ナビゲーター
『音楽大学・学校案内』編集グループ
ナビゲーター
『音楽大学・学校案内』編集グループ 音楽之友社

執筆:堀内亮(音楽大学講師)、荒木淑子(音楽ライター)、青野泰史・夢川愛唯奈(編集グループ)。音楽之友社および『音楽大学・学校案内』編集グループは、1958年に年度刊...

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ