音楽ことばトリビア ~ドイツ語編~ Vol.9

脱力して

読みもの
2019.05.04

2004年にドイツで結成以来、ピアノデュオ(連弾・2台ピアノ)ドゥオールとして大活躍の白水芳枝さんと藤井隆史さん。教育にも熱心に携わるお二人に、ドイツで経験したピアノ・音楽にまつわる言葉の壁や、面白さをたっぷり語って頂きました。話題は演奏家に大切な「脱力」から、言葉の大切さに......。

この記事をシェアする
イラスト:本間ちひろ
ピアノデュオ ドゥオール
ピアノデュオ ドゥオール
ピアノデュオ ドゥオール
〜ドゥオール〜 2人が解き放つ 光のハーモニー   藤井隆史: 東京藝術大学大学院修了。文化庁及びDAAD特別奨学生としてドイツ・マンハイム音楽大学大学院に学び、国家...

locker lassen

ロッカーラッセン

脱力して

藤井: レッスンでよく言われたlocker(ロッカー)という言葉も聞いたことがなかったよね。語学学校で習うlockerには「ルーズ」とか「洋服がゆるい、ダボダボ」という意味で教わるけど、音楽ではどういう意味!? と思った。 もちろん英語のLocker(荷物室)じゃないし(笑)。

白水: ドイツ語に慣れないうちは2時間のレッスンをMDに録って、3日間くらいかけて全部の言葉を文字にして、翻訳してという作業をしていたよね。その中で何度も何度もlockerが出てきて、前後の文脈でやっとわかった。「脱力だ!」って。

lassen(英語のLet、~させる)をつけて、locker lassenを良く言われた。lockerさせなさい、解き放ちなさい、脱力して、という感じかな。「Ganz locker!(ガンツ・ロッカー)」ってよく言われたよね。

藤井: lockerは音楽ではとても大切な言葉だけど、「丸め込む」みたいな、あまり良くない意味もあるんだよね。言葉は、その状況においての意味もよく考えないと。

白水: 音楽は世界中通じているから、言葉が流暢でないうちも、レッスン中に先生の仰っていることはなんとなくわかっているんだけど、深く理解するために「辞書」と「よく考えること」がとても重要だね。

藤井: 留学した収穫のひとつだよね。疑問に思った言葉や物事が、はたしてどういう意味だったのかをしっかりと考える。一人で考えるって、音楽家にとってすごく大切なこと。

ドゥオール 出演情報
NHK Eテレ 教育テレビ 「天才テレビくん YOU」

天才テレビくん YOU (NHK Eテレ 教育テレビ) にドゥオールのお二人が出演されます!

2019年5月7日(火)18:20〜18:45

2019年5月8日(水)18:20〜18:45

https://www.nhk.or.jp/tvkun/about/index.html

ピアノデュオ はじめのいっぽ ~ピアノデュオの楽しさを体験!~

ドゥオール デュオセミナー 関連企画
ピアノデュオ はじめのいっぽ
~ピアノデュオの楽しさを体験!~

場所: 彩の国さいたま芸術劇場 大練習室
日時: 2019年7月28日(日)14:00~15:30
定員:  約40名
対象/受講料:  5才以上 500円

 

♪ピアノデュオってどんなもの?
2人のピアニストが息を合わせて奏でる「ピアノデュオ」。 ピアノ・ソロ とはどんなところが違うのでしょう。 ドゥオールの 2人が、その世界をご案内します。

 

♪ピアノデュオを聴いてみよう!
ピアノデュオの迫力ある演奏を間近に聴いてみよう!そして感じたことを色で表したり、一緒に身体を動かしたりしてみよう!

 

♪ピアノデュオを体験してみよう!(希望者)
簡単なピアノデュオの曲を、ドゥールと一緒に演奏してみませんか。ご希望の方は課題曲(下記参照)を練習してきてください。
※ご希望の人数により、参加者を抽選で決めさせていただく場合がございます

 

申込み方法: 

メール又は往復ハガキの往信面に
①郵便番号 ②住所 ③氏名 (ふりがな)④年齢 ⑤電話番号 ⑥FAX 番号 ⑦メールアドレス ⑧デュオ体験希望の有無(有の場合は課題曲)
◆課題曲 (ブルグミュラー《25の練習曲》より任意の1曲/ショパン《小犬ワルツ》のいずれか
⑨受講希望者がお子さまの場合、付添受講希望者名をご記入の上、彩の国さいたま芸術劇場事業部「ピアノデュオ はじめのいっぽ 」係 まで申し込み。

メール宛先:  music@saf.or.jp
ハガキ宛先:  〒338-8506 さいたま市中央区上峰3-15 -1
申込締切: 2019年 6月20日(木)必着 

お問い合わせ:
彩の国さいたま芸術劇場 048-858-5506(音楽担当)

ツイートする
シェアする

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ