週刊「ベートーヴェンと〇〇」vol.7

ベートーヴェンとお散歩

読みもの
2020.01.27

年間を通して楽聖をお祝いする連載、「週刊 ベートーヴェンと〇〇」。ONTOMOナビゲーターのみなさんが、さまざまなキーワードからベートーヴェン像に迫ります。
第7回は、ベートーヴェンとお散歩。ベートーヴェンは、緑豊かなウィーンでお散歩を日課にしていました。

この記事をシェアする
写真:筆者 取材協力:ウィーン市観光局
ベートーヴェンを祝う人
飯田有抄 クラシック音楽ファシリテーター
飯田有抄
ベートーヴェンを祝う人
飯田有抄 クラシック音楽ファシリテーター
1974年生まれ。東京藝術大学音楽学部楽理科卒業、同大学院修士課程修了。Maqcuqrie University(シドニー)通訳翻訳修士課程修了。2008年よりクラシ...

今も穏やかな時が流れる、ベートーヴェンの散歩道

ベートーヴェンにとってお散歩は欠かせない日課であった。緑豊かなウィーンの森のお散歩で、彼がいかにインスピレーションを与えられていたのかは、交響曲第6番「田園」を聴けば、想像に難くないない。

以前の記事で取り上げたハイリゲンシュタットは「温泉」のみならず、豊かな緑も魅力であった。ベートーヴェンは31歳のとき、ハイリゲンシュタットのパン屋の2階の一室を借りて滞在していたのだが(その建物は現在「ベートーヴェン・ミュージアム」として公開されている)、そこから毎日のようにお散歩に出かけた。

現在「Beethovengang(ベートーヴェンの小径)」と呼ばれる小川沿いの道が、ベートーヴェンお気に入りのお散歩コース

その時に歩いていた小さな道は、現在「Beethovengang(ベートーヴェンの小径)」と呼ばれている。シュライバーバッハという小川に沿った850メートルほどの道を、彼はどんな気分で散策していたのだろう。

今もここは、お金持ちが暮らす閑静な住宅地として、ゆったりとした時間が流れている。

ツイートする
シェアする

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ