読みもの
2020.03.16
週刊「ベートーヴェンと〇〇」vol.13

ベートーヴェンと新鮮な卵入りスープ

年間を通してお送りする連載「週刊 ベートーヴェンと〇〇」。ONTOMOナビゲーターのみなさんが、さまざまなキーワードからベートーヴェン像に迫ります。
第13回目はベートーヴェンの好物にフォーカス。食に纏わる意外なエピソードは、楽聖の知られざる一面を描き出しています。ベートーヴェンの生前の様子を知る手がかりである「会話帳」に詳しい、『ベートーヴェン捏造 名プロデューサーは嘘をつく』(柏書房刊)の著者かげはら史帆さんが教えてくれました。

かげはら史帆
かげはら史帆 日曜物書き

1982年東京郊外生まれ。一橋大学大学院言語社会研究科修士課程修了。音楽関連企業に勤めるかたわら、音楽家に関する小説や随筆を手がける。 初単著『ベートーヴェン捏造 &...

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

ベートーヴェンは「おうちごはん派」 ヘルシー志向は体調のせい?

グルメな音楽家というとロッシーニが有名ですが、同じ時代を生きたベートーヴェンも、食べ物にこだわる人でした。とはいえ、方向性は正反対。贅を尽くした美食を追い求め、自分で高級レストランまで開いてしまったロッシーニとは異なり、ベートーヴェンが好んだのは、新鮮な食材を使ったシンプルな料理でした。

なにしろ当時のウィーンのレストランときたら、ランチでも45皿をガッツリ出すのが普通。しかも脂したたる肉料理ばかり! 胃腸の弱いベートーヴェンからしてみれば、これは拷問にほかなりません。必然的に、「おうちごはん」が生活の中心になっていったようです。

そんなベートーヴェンがとりわけこだわったのは、卵の新鮮さ。うっかり家政婦が古い卵を買ってこようものなら、激怒して投げつけた(!)というひどいエピソードも残っています。その新鮮な卵を割り入れて、どろどろにしたスープが、彼のいちばんの好物だったそうです。

音食紀行イベント「偏食家ベートーヴェンの食卓 VOL.2」(2017年7月8日)にて提供された、ベートーヴェンの好物のスープを再現した料理(筆者撮影)

ほかによく食べていたものといえば、チーズを添えたシンプルなマカロニ、じゃがいも、魚料理など。名だたる大音楽家の食事としては驚くほど質素ですが、あくまでも胃袋と相談した結果ということでしょう。

もし現代に生まれていたら、和食やマクロビなどのヘルシー志向の食に興味をいだいたかもしれません。

かげはら史帆
かげはら史帆 日曜物書き

1982年東京郊外生まれ。一橋大学大学院言語社会研究科修士課程修了。音楽関連企業に勤めるかたわら、音楽家に関する小説や随筆を手がける。 初単著『ベートーヴェン捏造 &...

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ