読みもの
2020.06.22
林田直樹のミニ音楽雑記帳 No.17

ムソルグスキーらがピアノに編曲していた(!)ベートーヴェンの弦楽四重奏曲

林田直樹
林田直樹 ONTOMOエディトリアル・アドバイザー/音楽ジャーナリスト・評論家

1963年埼玉県生まれ。慶應義塾大学文学部を卒業、音楽之友社で楽譜・書籍・月刊誌「音楽の友」「レコード芸術」の編集を経て独立。オペラ、バレエから現代音楽やクロスオーバ...

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

これまでベートーヴェンのピアノ・ソナタやピアノ協奏曲を全曲録音してきた、国際的に活躍するピアニスト児玉麻里が、その補巻ともいうべき、驚きの内容のアルバムを発表した。

続きを読む
児玉麻里『ピアノによるベートーヴェン・弦楽四重奏曲』曲目

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲より

  • サン=サーンス編:第7番「ラズモフスキー第1番」op.59-1 ~第2楽章
  • サン=サーンス編:第6番op.18-6 ~第2楽章
  • バラキレフ編:第8番「ラズモフスキー第2番」op.59-2 ~第3楽章
  • バラキレフ編:第13番op.130 ~第5楽章
  • ムソルグスキー編:第16番op.135 ~第2、3楽章

モーツァルト(ベートーヴェン編):クラリネット五重奏曲K.581 ~第4楽章

これだけの超レアな編曲をよく集めたものである。

それにしても、ここから聴こえてくる音の何とフレッシュなことか。どの編曲も、単に弦楽四重奏をピアノに翻訳しただけではなく、演奏の見事さもあって、最初からピアノのための作品であるかのように、たっぷりと豊かに鳴り響くのだ。

とりわけ注目されるのが、ムソルグスキー編曲による、弦楽四重奏曲第16番からの2つの楽章。

第2楽章は、左手の執拗な低音の繰り返しとその変容が、「展覧会の絵」を彷彿とさせるようだし、第3楽章のゆったりとした瞑想は、宇宙的なまでの広がりを持っている。

国内盤ライナーノート(マリーナ・チュルチュワ)によれば、ロシア五人組の作曲家たちはみな、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲が大のお気に入りだったそうだ。

なかでもムソルグスキーは、ベートーヴェンのこの作品に取り組んだことによって、精神的危機から脱し、オペラ《ボリス・ゴドゥノフ》の作曲に向かうことができたという。

ちなみに《ボリス・ゴドゥノフ》の戴冠式の場では、ロシア民謡「天は神に感謝し」が使われているが、これはもともとベートーヴェンが弦楽四重奏曲第8番「ラズモフスキー第2番」第3楽章に引用していたものである。 

生前のベートーヴェンのパトロンにはロシア貴族が何人かいたが、改めてベートーヴェンとロシアという結びつきについて、多くの示唆を与えてくれるアルバムである。

林田直樹
林田直樹 ONTOMOエディトリアル・アドバイザー/音楽ジャーナリスト・評論家

1963年埼玉県生まれ。慶應義塾大学文学部を卒業、音楽之友社で楽譜・書籍・月刊誌「音楽の友」「レコード芸術」の編集を経て独立。オペラ、バレエから現代音楽やクロスオーバ...

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ