ニューアルバム『Spain』

音楽的なルーツであるスペインと向き合った沖仁の新境地

インタビュー
2018.11.07

日本・スペイン外交関係樹立150周年にちなんだニューアルバム「Spain」をリリースしたフラメンコギタリストの沖仁。スペインに特化した今作で、改めて目覚めた演奏家としての姿勢をたっぷり話してくれた。

この記事をシェアする
インタビューされた人
沖仁 フラメンコギタリスト
沖仁
インタビューされた人
沖仁 フラメンコギタリスト
1974年生まれ。14歳より独学でエレキギターを始め、高校卒業後、カナダで一年間クラシックギターを学ぶ。その後、スペインと日本を往復し20代を過ごす。2000年5月帰...
聞き手・文
森朋之 音楽ライター
森朋之
聞き手・文
森朋之 音楽ライター
J-POPを中心に幅広いジャンルでインタビュー、執筆を行っている。主な寄稿先に『Real Sound』『音楽ナタリー』『オリコン』など。

スペイン三大フラメンコギターコンクールのひとつ「第5回 ムルシア “ニーニョ・リカルド” フラメンコギター国際コンクール」国際部門で優勝し、フラメンコギタリストの第一人者として、世界的な評価も獲得している沖仁が、日本・スペインの外交関係樹立150周年を記念したニューアルバム『Spain』をリリースした。

本作には《ロドリーゴ:アランフェス協奏曲》《タレガ:アルハンブラ宮殿の思い出》《歌劇「カルメン」よりハバネラ》など、スペインに由来する楽曲を多数収録。さらにボーナストラックとして、アニメ『ユーリ!!! on ICE』の劇中曲《愛について~Eros~》(松司馬拓 feat.沖仁)のフラメンコ・バージョンも収められている。

「選曲に関しては、スタッフの意見も参考にしながら決めました。デビューから15年以上、好きなことを自由にやってきたこともあって、新たなテーマを欲していたのかもしれないです」と語る沖仁にとっても、“知名度のあるスペイン楽曲”に正面から挑むことは、大きなチャレンジだったようだ。

沖仁「あえてフラメンコ色を盛り込みすぎず、メインになる旋律を歌うように演奏することを心がけていました。スパニッシュギターは音数を増やしてアレンジすることが多いので、単音でメロディを弾き切るのは勇気が必要だったし、ひとつの音で自分自身が満たされるような演奏をするために、奏法、録音方法から爪の伸ばし方まで、すべて見直したんですよ。自分自身にとってもすごく大きな挑戦でしたね」

 1990年代にスペインに移住、フラメンコギター発祥の地で学んだあと、日本を中心に活動してきた沖仁。「ずっと“自分のカラーを残さなくちゃいけない”という思いがあった」という沖は、音楽的なルーツとも言えるスペインにまつわる楽曲に改めて取り組んだことで、演奏家としての意識の変化を感じているようだ。

沖仁「“自分の色を残さないといけない”という気持ちを過剰に持つ必要はないし、特に意識しないでも、個性やカラーは自然と出てきますからね。そのことに気付けたことは大きかったと思います」

J-POPのアーティスト、ジャズミュージシャンなどとの多彩なコラボレーションでも知られる沖仁だが、その根本にあるのはやはり、ギター1本で奥行きのある音楽世界を描き出すソリストとしての存在感。ギミックに頼らず、原曲のメロディを忠実に再現しながら、彼にしか表現できない憂いや切なさをたっぷりと感じられる本作「Spain」は、クラシックファンにも大いにアピールできるはず。このアルバムを作り上げたことは、沖仁の音楽的な姿勢にも既に影響を与えているという。

沖仁「伴奏楽器としてではなく、メロディ楽器としてのフラメンコギターを見直しているところです。ライブのスタイルもシンプルになっていて、エフェクターなどを使わず、マイク1本とギターだけで演奏することが増えてますね。MCも減りました。以前はスパニッシュギターの説明や楽曲の簡単な紹介をしていたのですが、それも余計かなと。“そんなことをしなくても伝わっているはずだ”と納得できるようになってきたのだと思います」

 

アルバム
『Spain』

  1. 歌劇「カルメン」よりセギディーリャ
  2. 歌劇「カルメン」よりハバネラ
  3. 歌劇「はかなき人生」よりスペイン舞曲第1番
  4. スペイン (Band Ver.)
  5. アルハンブラ宮殿の思い出
  6. アストゥリアス
  7. アマポーラ
  8. 禁じられた遊び (Guitar Solo Ver.)
  9. アランフェス協奏曲よりアダージョ
  10. さくらさくら
  11. 愛について~Eros~ (Flamenco Ver.)

発売中/¥3,000(税別)

SICP-31217

ツイートする
シェアする

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ