プレイリスト
2020.02.07
おやすみベートーヴェン 第54夜【天才ピアニスト時代】

8つの歌曲(リート)第3曲「憩いの歌」——ユルツェンの詩にのせた心安らぐ穏やかな歌

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

1792年、22歳のベートーヴェンは故郷ボンを離れ、音楽の中心地ウィーンに進出します。【天才ピアニスト時代】では、ピアニストとして活躍したウィーン初期に作曲された作品を紹介します。

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

ユルツェンの詩にのせた心安らぐ穏やかな歌 8つの歌曲(リート)第3曲「憩いの歌」

ウィーンに住み始めて間もないころに作曲。聖職者でもあった詩人フランツ・ユルツェンの4節の詩による有節リート。

 

恋人の腕の中で心は憩う、彼女が合図をしてくれるのに、でも、うまくはゆかない。僕の人生の安らぎ、冷酷な人々の心が、僕から君を遠ざける。僕の人生の盛りにあって、僕は生気を失ってゆく。大地の懐に抱かれると心は安らぐ、誰にも邪魔されずに、はるか上方の天国での眠りにはいる」と歌われる。

解説:平野昭

憩い、心の安らぎ……寝る前に聴くのにぴったりな歌曲ですね。一味ちがった女声バージョンもお楽しみください。

作品紹介

8つの歌曲(リート)第3曲「憩いの歌」Op.52

作曲年代:1793年(ベートーヴェン23歳)

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ