おやすみベートーヴェン 第1夜【ボンでの少年・青年時代】

《乙女を描く》――ベートーヴェン初めての歌曲

プレイリスト
2019.12.16

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

この記事をシェアする
監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ
ONTOMO編集部
ONTOMO編集部
ONTOMO編集部
神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

ベートーヴェン初めての歌曲 《乙女を描く》WoO107

ネーフェは次々に習作課題を与え、仕上がった作品の出版まで世話をしている。(中略)歌曲《乙女の描写》WoO107も83年にボスラー社出版の『クラヴィーア愛好家のための花束集』第二号に収録されている。

器楽作曲家としてのイメージが強いベートーヴェンであるが、声楽作品、とくに歌曲にいくつかの重要な作品を残している。

——平野昭著 作曲家◎人と作品シリーズ『ベートーヴェン』(音楽之友社)15、256ページより

記念すべき第1夜は、ベートーヴェンが作曲家でオルガニストのネーフェ先生について、クラヴィーア奏法とオルガン奏法、そして通奏低音法と作曲法を学んでいた12歳の頃の作品です。平野さんが語るように、のちに重要な歌曲を残すことになるベートーヴェン。初めての歌曲には、その片鱗が見られるでしょうか。それとも、初々しい少年らしさが感じられるでしょうか。

作品紹介

《乙女を描く》WoO107

作詞者不詳

作曲年代:1782~83年?(ベートーヴェン12~13歳)

出版:1783年

平野昭著 作曲家◎人と作品シリーズ『ベートーヴェン』音楽之友社
ツイートする
シェアする

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ