おやすみベートーヴェン 第11夜【ボンでの少年・青年時代】

《ロマンツェ・カンタービレ》——15歳のベートーヴェンが書いた「歌うようなロマンス」

プレイリスト
2019.12.26

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

この記事をシェアする
監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ
ONTOMO編集部
ONTOMO編集部
ONTOMO編集部
神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

15歳のベートーヴェンが書いた「歌うようなロマンス」 《ロマンツェ・カンタービレ》

フルート、ファゴット、クラヴィーアとオーケストラ(2本のオーボエと弦楽5部合奏)のための作品。クラヴィーアは恐らくチェンバロ。憂愁を漂わせたチェンバロの歌謡的主題ではじまり、オーケストラ伴奏にのってフルートとファゴットがこの主題を展開してゆく。

解説:平野昭

作品名の「ロマンツェ」はドイツ語で「ロマンス」、叙情的な旋律をもつ器楽曲の1ジャンルです。「カンタービレ(歌うように)」とあるように、情感豊かに歌われる旋律をお楽しみください。

作品紹介

《ロマンツェ・カンタービレ》Hess13

作曲年代:1786年(ベートーヴェン15歳)

出版:1952年

ツイートする
シェアする

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ