おやすみベートーヴェン 第12夜【ボンでの少年・青年時代】

「三重奏曲卜長調」——ボンの宮廷楽団の奏者と一緒に自らも演奏した?

プレイリスト
2019.12.27

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

この記事をシェアする
監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ
ONTOMO編集部
ONTOMO編集部
ONTOMO編集部
神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

ボンの宮廷楽団の奏者と一緒に自らも演奏した? 「三重奏曲卜長調」

室内楽作品としては、前年の3つのピアノ三重奏曲WoO36に次ぐ4作目。トリオ作品としては初めての作品。

 

クラヴィーア(恐らくチェンバロ)を自ら弾き、ボンの宮廷楽団にいたフルートとファゴット奏者のために書かれたと推定。

 

また、協奏交響曲風な《ロマンツェ・カンタービレ》Herss13(WoO207)とも関連した作品の可能性もある。3楽章構成で終楽章は主題と7つの変奏からなる。

解説:平野昭

15歳のベートーヴェンが自らクラヴィーアを弾いて披露したと思われるこの作品。宮廷楽団のフルート奏者とファゴット奏者と一緒に演奏しているところを想像すると、なんだかほほえましいですね。それぞれの楽器の持ち味が活きた、約26分のしっかりとした構成のトリオです。

作品紹介

「三重奏曲卜長調」WoO37

作曲年代:1786年(ベートーヴェン15歳)

出版:1888年

ツイートする
シェアする

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ