プレイリスト
2020.01.04
おやすみベートーヴェン 第20夜【ボンでの少年・青年時代】

アリア《キスの試練》——シュミットの楽しい詩「会ってみたいよ、キスが罪って証明できる人がいるなら!」

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

シュミットの楽しい詩「会ってみたいよ、キスが罪って証明できる人がいるなら!」 アリア《キスの試練》

バスとオーケストラのためのアリア。先輩同僚であったボンの宮廷歌手J.ルックス(1756~1818年)のために作曲。詩人で弁護士のK.E.カール・シュミット(1764~1824年)の詩が楽しい。

 

「僕の賢い母は言う、子よ、キスは罪ですよ! でも、罪びとの僕は思う、それって悪いことじゃない。人殺しと泥棒は恐ろしい罪だっていうこと、僕にもわかるよ。会ってみたいよ、キスが罪って証明できる人がいるなら! 僕のキスは盗んだんじゃない、ドリスが僕にくれるんだ。彼女の眼を見ればわかるよ、罪だなんて悩んでいないよ! 母さんは中傷誹謗者だ! キスは罪なの? もう僕、哀れな罪びとは思う、この罪はどうしようもないよ!」

解説:平野昭

シュミットの詩、楽しくかわいらしい内容ですね。あの肖像画のベートーヴェンが、キスをテーマにした詩に、こんなに軽やかな曲をつけていたとは……。青年時代の作品から見える意外な一面ですね。

作品紹介

アリア《キスの試練》WoO89

作曲年代:1791/92年(ベートーヴェン21/22歳)

出版:1888年

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ