プレイリスト
2020.02.19
おやすみベートーヴェン 第66夜【天才ピアニスト時代】

「12のメヌエット」——舞踏会用の厳格な舞曲集

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

1792年、22歳のベートーヴェンは故郷ボンを離れ、音楽の中心地ウィーンに進出します。【天才ピアニスト時代】では、ピアニストとして活躍したウィーン初期に作曲された作品を紹介します。

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

舞踏会用の厳格な舞曲集「12のメヌエット」

「12のドイツ舞曲」WoO8と同じ、ウィーン美術家年金協会主催の1795年11月22日の宮廷舞踏会のために作曲された。

メヌエットはもともと、フランスの宮廷舞曲として発展したもの。厳格な形式構成をもった舞曲で、第1曲以外の11曲は8小節の楽節を2つ並べ、その後に同じ調による8小節×2のトリオ(中間)部を置いて、冒頭のメヌエット部にダ・カーポ(繰り返し)する。

解説: 平野昭

昨日の12のドイツ舞曲に続いて、ウィーン聖カタリーナ祭の仮面舞踏会のために作曲されたダンス用作品。無報酬とはいえ、ウィーン中心の大きな会場で、師ハイドンと同じ音楽を任されたベートーヴェン。さぞ誇らしかったのではないでしょうか?

豪華なオーケストラ版、お洒落な雰囲気の室内楽版も聴き比べてみてください。

作品紹介

「12のメヌエット」WoO7

作曲年代:1795年、97年改訂(ベートーヴェン25歳)

出版:1795年12月ピアノ編曲版 アルタリア社(ウィーン)
1802年には弦楽三重奏編曲出版

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ