プレイリスト
2020.02.22
おやすみベートーヴェン 第69夜【天才ピアニスト時代】

6つの歌(ゲザング)第4曲「グレーテルの警告」——グレーテルの失恋から学ぶ教訓?

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

1792年、22歳のベートーヴェンは故郷ボンを離れ、音楽の中心地ウィーンに進出します。【天才ピアニスト時代】では、ピアニストとして活躍したウィーン初期に作曲された作品を紹介します。

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

グレーテルの失恋から学ぶ教訓? 6つの歌(ゲザング)第4曲「グレーテルの警告」

さまざまな詩人の詩によって散発的に作曲された6つの歌は、1810年になってから出版されている。全6曲が出そろうのは1809年であるが、これら6曲中で最初に作曲されたのが、弁護士であり作家でもあったゲルハルト・A・ハーレム(1752~1819)による10行3節の詩「グレーテルの警告」であり、第1稿は1795年に作曲されていた。決定稿は1809年の第2稿。

 

イ長調、8分の6拍子による24小節の有節歌曲。

 

グレーテルが若い日の苦い恋の想い出を語ることで、若い娘たちに警告する。「色目と戯れと歌で、誘ってきたの、若く美男子のクリステルが。私は彼にのぼせて、彼は私のすべてを奪ったの、でも、もうそれからは私を喜ばせてくれない。不実な男があなたにぞっこんになっても、信じちゃだめ、男の言うことなんか」と歌う。

解説:平野昭

 

クリステル、ひどい男だったみたいですね……いつの時代にもこういう男性はいそうなので、教訓にもなりそうな作品ですね。

 

作品紹介

6つの歌(ゲザング)第4曲「グレーテルの警告」Op.75

作曲年代:1795年(ベートーヴェン25歳)

出版:1810年8月

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ