プレイリスト
2020.03.28
おやすみベートーヴェン 第104夜【天才ピアニスト時代】

「オーストリアの戦いの歌(クリークスリート)」――ナポレオン進軍に抗う軍歌

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

1792年、22歳のベートーヴェンは故郷ボンを離れ、音楽の中心地ウィーンに進出します。【天才ピアニスト時代】では、ピアニストとして活躍したウィーン初期に作曲された作品を紹介します。

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

ナポレオン進軍に抗う軍歌「オーストリアの戦いの歌(クリークスリート)」

前年から続くナポレオンのオーストリア進軍。前年1796年には義勇軍少尉フリーデルベルクの詩に曲をつけた「ウィーン市民への別れの歌」を作曲したベートーヴェンですが

97年4月に総勢8300名からなる義勇軍が総動員令の下に組織されると、ベートーヴェンは軍歌《オーストリア戦闘の歌》WoO122を作曲した。これら2曲は直ちに印刷、出版され、ベートーヴェンの名前は市民にも浸透することになった。

——平野昭著 作曲家◎人と作品シリーズ『ベートーヴェン』48ページより

結局ナポレオン進攻は、97年11月の「カンポ・フォルミオ講和条約」で当面回避されることになります。この頃はまだ、ナポレオンを支持していたと言われるベートーヴェンが、オーストリア軍歌を作っていたのは意外な気もしますね。

ちなみに、この軍歌が作られたのと同時期に、師であるヨーゼフ・ハイドンは現在のドイツ国歌である《神よ、皇帝フランツを護りたまえ》を作曲しているそうです。のちにハイドン自身の弦楽四重奏op.76-3にも引用した、美しいメロディです。

ハイドン;弦楽四重奏曲 第77番《皇帝》〜第2楽章 ポコ・アダージオ・カンタービレ

作品紹介

オーストリアの戦いの歌(クリークスリート)WoO122

作曲年代:1797年3月末~4月初旬(ベートーヴェン27歳)

出版:1797年4月

平野昭著 作曲家◎人と作品シリーズ『ベートーヴェン』(音楽之友社)

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ