レポート
2022.11.17
演奏と授賞式の様子を現地からお届け

亀井聖矢&イ・ヒョク、2人の優勝者が誕生! ロン=ティボー2022ファイナルをレポート

11月7日に開幕したロン=ティボー国際コンクール2022 ピアノ部門は、13日にファイナルの審査が行なわれ、亀井聖矢とイ・ヒョクが優勝しました。ファイナルの様子をフランス在住のピアニスト・船越清佳さんがレポート!

取材・文
船越清佳
取材・文
船越清佳 ピアニスト・音楽ライター

岡山市出身。京都市立堀川音楽高校卒業後渡仏。リヨン国立高等音楽院卒。長年日本とヨーロッパで演奏活動を行ない、現在はパリ郊外の公立音楽院でピアノ指導にも力を注ぎながら、...

ファイナル審査での亀井聖矢さん
©️Corentin Schimel

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

会場全体が幸せに包まれた亀井聖矢さんのサン=サーンス

パリから届いた「亀井聖矢さん優勝!」のニュースは、瞬時に日本を駆け巡った。

去る11月13日に開催されたロン=ティボー国際コンクールのファイナルで、優勝を分かち合うこととなった亀井聖矢さんと韓国のイ・ヒョクさん。シャトレ劇場で行なわれたファイナル審査(協奏曲/ギャルド・レピュブリケーヌ管弦楽団/F・ブーランジェ指揮)のレポートをお届けする。

続きを読む
ロン=ティボー国際コンクール2022 ピアノ部門結果

第1位、プレス賞、聴衆賞  亀井聖矢 (日本) 

第1位           イ・ヒョク(韓国)

第3位、オーケストラ賞   DAVIDMAN  Michael (アメリカ)

第4位           重森光太郎(日本)

第5位           NOH Heeseong(韓国)

第6位           GUO  Yiming (中国)

新人賞            BURNON Valère (ベルギー)

何と伸びやかで、燦燦と輝かしい音色。天の恵みのような時間。

11月13日、パリのシャトレ劇場で行なわれたファイナル審査で、亀井聖矢さんによるサン=サーンス作曲「ピアノ協奏曲第5番」を聴きながら、こみ上げてきた感情である。

国際コンクールの最終段階にもかかわらず、亀井さんはまったく自然体だ。愉悦すら伝わってくる。飛翔する彼のオーラに吸い込まれ、オーケストラも躍動感を増していく。会場全体が酔いしれ、幸せに包まれ、共鳴した瞬間だった。

優勝を分け合った亀井聖矢さん(左)とイ・ヒョクさん(右)
©️Corentin Schimel

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ