日めくりオントモ語録/アリス=紗良・オット

読みもの
2018.09.08
この記事をシェアする
イラスト:駿高泰子

私たちは自分で経験していないことも表現できるし、想像力にリミットはありません。

―― アリス=紗良・オット「音楽の友」2018年8月号より

アルバム「ナイトフォール」をアリス=紗良・オット。自らが明るく、ポジティブな性格といいながらも、裏や闇をもったものに興味を惹かれるといいます。
ラヴェルの《夜のガスパール》の『スカルボ』の悪魔的な世界は、プレッシャーや失敗への恐怖を感じる、人間の誰にでも経験する感情ではないか、と語りました。

アリス=紗良・オット(Alice=Sara OTT 1988~)

1988年、ミュンヘン生まれ。浜松国際ピアノアカデミーコンクールでモスト・プロミッシング・アーティスト賞を受賞、イタリアのシルヴィオ・ベンガーリ国際ピアノ・コンクールにて、最優秀賞に輝く。2000年よりザルツブルクのモーツァルテウム音楽院にてカール=ハインツ・ケマリング教授に師事。08年、ドイツ・グラモフォンと専属録音契約を結び、同年11月、リストの《超絶技巧練習曲》でデビュー。今月8月下旬に、自身8枚目となるアルバム『ナイトフォール』を発売予定。

ツイートする
シェアする

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ