日めくりオントモ語録/鈴木敬介

読みもの
2018.05.24
この記事をシェアする
イラスト:駿高泰子

「日本初演などという作品では、オペラ本来の姿からはじめる必要があります」

――鈴木敬介「グランド・オペラ」vol.29より

劇場というのはお客さんあってのものだという鈴木氏。「自分の解釈を示すのも大切ですが、一方でお客さんと一緒に作っているという意識が常にある」と語る。ヨーロッパの歌劇場とは上演の歴史が違うため、日本初演の作品は丁寧に本来の姿を扱っていくそうだ。

鈴木敬介(Keisuke SUZUKI 1934-2011)

演出家。東京都出身。1963年に日生劇場に入社し、芸術監督を務めた。74年に「オルフェとエウリディーチェ」の演出で毎日芸術賞、83年にサントリー音楽賞を受賞。01年には芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。

ツイートする
シェアする

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ