音楽ことばトリビア ~フランス語編~ Vol.10

孔雀は気取って歩く

読みもの
2018.09.11
小阪亜矢子 声楽家・翻訳家
小阪亜矢子
小阪亜矢子 声楽家・翻訳家
東京藝術大学声楽科卒業。尚美ディプロマ及び仏ヴィル・ダヴレー音楽院声楽科修了。声楽を伊原直子、中村浩子、F.ドゥジアックの各氏に師事。第35回フランス音楽コンクール第...

Paon se pavane

パン・ス・パヴァーヌ

孔雀は気取って歩く

前回〈ホロホロ鳥〉のみ紹介したラヴェルの 歌曲集《博物誌》 だが、他の4 曲も興味深い。

例えば1曲目の〈孔雀〉は、その羽の模様や気取った歩き方、鳴き声などが、作詩者ルナールの手で「花嫁を待ちながら結婚式の練習をしている花婿」に見立てられ、さらにラヴェルによってその様子が華麗に表現されている。

スペイン・マドリッドで出会った孔雀(筆者撮影)

ラヴェル:《博物誌》  Nr.1 〈孔雀〉 (ルナール詩)

孔雀でラヴェルと言えばパヴァーヌ(pavane)だ。

例によって経緯がわかりづらいが、フランス語の孔雀(paon パン)は、ラテン語でのpavo(パーヴォ)を語源にもつ。pavoは形を変えずスペインに渡り、孔雀のようにゆっくりと歩く踊りのステップにpavana(パヴァーナ)の名がついた。これがフランスに入ってきたのがpavaneである。

さらに、se pavaner(ス・パヴァネ) といえば「(パヴァーヌのように)気取って歩く」という動詞にもなり、三人称単数現在で活用させるとse pavane(ス・パヴァーヌ)と、踊りと同じ発音になる。

ラヴェル:《亡き王女のためのパヴァーヌ》

スペインのバロック期を代表する画家ディエゴ・ベラスケス作「ラス・メニーナス(女官たち)」。中央に描かれているマルガリータ王女が、《亡き王女のためのパヴァーヌ》のモデルといわれる。

ラヴェルの意図は「昔のスペインの宮廷で小さな王女が踊ったような音楽」だそうだ。しかし、この叙情的なメロディを聴きながら、実際にパヴァーヌの歩いて進むようなステップを踏むのは難しい。16-17世紀に流行したパヴァーヌの音楽は、もう少し拍のはっきりしたもののようだ。

アルボー:《私の命をうばう美女》

筆者は《亡き王女》に、畏れ多くもフランス語の歌詞をつけたことがある。
内容は孔雀でもベラスケスでもなく、真冬の失恋をテーマに作ったが、メロディの流れに合わせて作詞するのに苦心した。この曲の多くのフレーズが、音価の長い音から始まるためだ。

仏語の文章の初めには「私は」を意味する「je(ジュ)」や定冠詞の「le(ル)」などを置きたくなる。しかしこれらの単語は、いずれも「無音のe(ウ)」と呼ばれる、ほとんど発音されない母音をもつので、長くのばしにくい語なのだ。

悩んだ末、歌い始めの音にfleur(フルール、花)とかvent(ヴァン、風)、neige(ネージュ、雪)といった、短くかつ意味も音も強めの単語を置き、後はパズルのように詩句を組み立てた。

その作品がこれだ。女声六重唱に編曲されている。

ラヴェル(久保田翠編曲)「白の風景~亡き王女のためのパヴァーヌによる」(小阪亜矢子 詩)

歌:コロスタシアAnnex (Sop. 木瀬志緒、民秋理、森有美子 Ms. 小阪亜矢子、新明裕子、高橋ちはる) ピアノ:中澤頼子

ツイートする
シェアする

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ