読みもの
2021.04.13
大井駿の「楽語にまつわるエトセトラ」その45

ソナチネ:ソナタ+ina=小さなソナタ!

大井駿
大井駿 指揮者・ピアニスト・古楽器奏者

1993年生まれ、東京都出身。 パリ地方音楽院、ザルツブルク・モーツァルテウム大学ピアノ科・指揮科卒。 同大学院、ミュンヘン国立音楽演劇大学でピアノ、指揮、古楽の3科...

クレメンティ:ソナチネ 作品36-1の初版

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

ピアノを習ったことのある方なら、きっと弾いたこともある、ソナチネ。

続きを読む

イタリア語で、「楽器で演奏される(曲)」の意味を持つソナタ(sonata)という言葉に、意味を弱くする-inaという接尾語をくっつけた言葉です。なので、ソナチネ(sonata+ina=sonatina)は、「小さなソナタ」のような意味になります。

ちなみに、イタリア語でソナチネは複数形で、1曲のみを指す場合はソナチナと呼びます。この記事ではソナチネという呼び方で統一してご紹介します!

ソナチネという言葉は、17世紀後半、マティアス・ケルツ(1635?〜1695)によって初めて使われましたが、この時代にソナチネという曲名はあまり使われませんでした。バッハもソナチネと題した作品は、1曲しか残していません。

J.S.バッハ:カンタータ第106番《神の時代は最も良き時代》〜第1曲「ソナチネ」

古典派の時代になり、曲としてのソナタも、形式としてのソナタも定着してきました。ちょうど同じ時期、ヨーロッパでは趣味でピアノを学ぶ人が一気に増えました。

ピアノ1人で弾く曲といえば、やはりピアノ・ソナタですが、ピアノ学習者にとって、規模の大きいソナタを弾くことは難しいです。

そこで、ピアノ学習者のための短く難しくないソナタ、すなわち小さなソナタとして、ソナチネが書かれるようになりました。

ピアノ学習者向けに書かれた曲としてソナチネが多いのは、ここにあったのです!

サティ:官僚的なソナチネの初版
クレメンティのソナチネをパロディにして書かれた作品です。

ソナチネを聴いてみよう

1. C.P.E.バッハ:チェンバロと管弦楽のためのソナチネ Wq.96〜第6楽章
2. モーツァルト:ウィーン・ソナチネ第1番 ハ長調〜第4楽章
3. クレメンティ:ソナチネ ハ長調 作品36-1〜第1楽章

4. サティ:官僚的なソナチネ〜第1楽章

5. ラヴェル:ソナチネ〜第1楽章

6. ブーレーズ:ソナチネ

大井駿
大井駿 指揮者・ピアニスト・古楽器奏者

1993年生まれ、東京都出身。 パリ地方音楽院、ザルツブルク・モーツァルテウム大学ピアノ科・指揮科卒。 同大学院、ミュンヘン国立音楽演劇大学でピアノ、指揮、古楽の3科...

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ