日めくりオントモ語録/ソフィ・ダルティガロング

記事
2018.06.25
この記事をシェアする
イラスト:駿高泰子

もし10%しか練習ができてなければ、90%は緊張として返ってきますし、99%練習ができていればストレスは少ないです。

―― ソフィー・ダルティガロング 「バンドジャーナル」2017年10月号より

若くしてベルリン・フィルに入団、現在はウィーン・フィルの首席ファゴット奏者を務めるダルティガロング。今でも練習が足りていなければ本番で不安になり、緊張するので、練習するべき場所と必要な時間を理解し、効率よく練習することを心掛けているそうです。

ソフィー・ダルティガロング (Sophie DARTIGALONGUE 1991-)

1991年フランス生まれ。ギターとクラリネットを学んだ後、2003年からファゴットを始めた。リヨン国立高等音楽院を卒業後、カラヤン・アカデミーでダニエル・ダミアーノに師事。2012年にベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のソロ・コントラファゴット奏者に就任。2015年からはウィーン国立歌劇場管弦楽団およびウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の首席ファゴット奏者に就任。2013年、ミュンヘン国際音楽コンクールで2位(1位該当無し)を受賞する他、クルーセル国際コンクール, 第1回ムリ国際コンクール(スイス), 国際アウディ・モーツァルト・コンクール、国際アカデミーオーボエ・ファゴットコンクール, ウッジ(ポーランド),国際ダブルリード協会フェルナン・ジレ=ヒューゴ・フォックスコンクール、若きアーティストのためのコンクール(バスーン)などでも入賞。2015年ボンでベートーヴェン・リング・アワードも受賞した。ソリストとしては、バイエルン放送交響楽団、ミュンヘン室内管弦楽団、ミュンヘン放送管弦楽団、南西ドイツ・フィルハーモニー交響楽団、シュトゥットガルト放送交響楽団などと共演する。

ツイートする
シェアする

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ