プレイリスト
2020.02.02
おやすみベートーヴェン 第49夜【天才ピアニスト時代】

「ピアノ・ソナタ第2番 イ長調」――“新しい”を盛り込んだソナタ集

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

1792年、22歳のベートーヴェンは故郷ボンを離れ、音楽の中心地ウィーンに進出します。【天才ピアニスト時代】では、ピアニストとして活躍したウィーン初期に作曲された作品を紹介します。

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

“新しい”を盛り込んだソナタ集から「ピアノ・ソナタ第2番 イ長調」

(ピアノ・ソナタ第2番の第3楽章に、慣例であるメヌエットではなく、スケルツォを置いていることについて)
メヌエットは「ディヴェルティメント」のような娯楽音楽に必ず入れられているものでした。こういった軽めの曲ではなく、もっと抽象的で劇的な性格であるスケルツォに変えたというのは、とても大きなことだと思います。

――小山実稚恵、平野昭著『ベートーヴェンとピアノ「傑作の森」への道のり』(音楽之友社)17ページより

第1番に続いて、第2番は華麗な雰囲気を持ちつつも、当時の常識を破る工夫が施された作品。若い弟子の型破りな作品に、ハイドン先生はどんな顔をしたのだろう……なんて想像するのも楽しいですね。

作品紹介

ピアノ・ソナタ第2番へ短調 op.2-2

作曲年代:1793~1794(ベートーヴェン23~24歳)

出版:1796年3月アルタリア社

小山実稚恵、平野昭著 『ベートーヴェンとピアノ「傑作の森」への道のり』(音楽之友社)

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ