プレイリスト
2020.01.28
おやすみベートーヴェン 第44夜【ボンでの少年・青年時代】

《2本のフルートのための二重奏曲》——ボンでの友情の証に作曲!

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

ボンでの友情の証に作曲! 《2本のフルートのための二重奏曲》

ベートーヴェンは大学で、ボンの警察副署長の息子で哲学と法律に関心をもっていたヨハン・マルティン・デーゲンハルト(1768~1800)とも親交を結び、後にボンを去る直前には《2本のフルートのための二重奏曲》WoO26を「わが友デーゲンハルトのために」という言葉を添えて贈っている。

——平野昭著 作曲家◎人と作品シリーズ『ベートーヴェン』(音楽之友社)25ページより

ボン大学の聴講生として、哲学、文学、芸術史を学んだベートーヴェン。そこで仲良くなったデーゲンハルトに、ボンを離れる前に二重奏曲をプレゼントするとは、ベートーヴェンの青春時代の1ページですね。

作品紹介

《2本のフルートのための二重奏曲》WoO26

作曲年代:1792年8月23日(ベートーヴェン22歳)

出版:1901

平野昭著 作曲家◎人と作品シリーズ『ベートーヴェン』(音楽之友社)
『ベートーヴェン フルートとピアノのための作品集&フルート二重奏曲 ト長調』(2020年1月 音楽之友社刊)


東京都交響楽団の首席フルート奏者、寺本義明さん監修による楽譜集。解説には、この「フルート二重奏」に関する、ビックリなエピソードも収録されています。
ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ