プレイリスト
2020.03.11
おやすみベートーヴェン 第87夜【天才ピアニスト時代】

「6つのドイツ舞曲」——トゥーン伯爵夫人の娘たちに献呈したヴァイオリンとピアノの作品

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

1792年、22歳のベートーヴェンは故郷ボンを離れ、音楽の中心地ウィーンに進出します。【天才ピアニスト時代】では、ピアニストとして活躍したウィーン初期に作曲された作品を紹介します。

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

トゥーン伯爵夫人の娘たちに献呈したヴァイオリンとピアノの作品 「6つのドイツ舞曲」

1796年2月中旬から半年に及ぶ演奏旅行に出たベートーヴェンは、最初の2ヶ月をプラハで過ごしている。プラハまではカール・リヒノウスキー侯爵と同伴であった。もともとこの旅行は侯爵の誘いに応じたものだ。

 

このプラハ滞在中にはかなりの作品が書かれているが、このヴァイオリンとピアノの二重奏によるドイツ舞曲(レントラーやワルツの原型ともいわれる2人1組で踊る3拍子の舞曲)は、ピアノもヴァイオリンも初心者用の音楽となっている。それでも連続して演奏することで、実用舞曲として使うことができる。

 

基本的に8小節を繰り返す構造で、全体が16小節となっている。第3曲と第6曲だけは、中間部に16小節のトリオ部をもち、全体で32小節。曲は順に、ヘ長調、ニ長調、ヘ長調、イ長調、ニ長調と進み、最後がト長調となっている。

 

写本には、トゥーン伯爵夫人の娘たちに献呈する旨が記されている。トゥーン伯爵夫人は、リヒノウスキー侯爵夫人マリア・クリスティアーネの母。

しかし、クリスティアーネはモーツァルトの優れたピアノの弟子であり、4歳下の妹マリア・カロリーネも優れたギター奏者で歌手でもあったので、この作品のピアノ・パートは、そこそこの演奏者であった1歳上の姉でラズモフスキー伯爵夫人となったマリア・エリーザベトを想定したのかもしれない。

いずれにせよ、トゥーン伯爵夫人の3人の娘のうち、2人を想定して書かれたものだ。

 

解説:平野昭

トゥーン伯爵夫人の娘たち、

長女:マリア・エリーザベト(ラズモフスキー伯爵夫人となる)

次女:マリア・クリスティアーネ(モーツァルトの弟子、リヒノウスキー伯爵夫人となる)

三女:マリア・カロリーネ(優れたギター奏者で歌手)

という、ものすごい3姉妹ですね……。

作品は、初心者向けの聴きやすいドイツ舞曲なので、1日の終わりにほっと一息ついて聴いてみてください。

作品紹介

「6つのドイツ舞曲」WoO42

作曲年代:1796年(ベートーヴェン26歳)

出版:1814年7月

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ