プレイリスト
2020.06.23
おやすみベートーヴェン 第191夜【作曲家デビュー・傑作の森】

オラトリオ《オリーヴ山上のキリスト》——アン・デア・ウィーン劇場での初演は大成功!

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

1800年、30歳になったベートーヴェン。音楽の都ウィーンで着実に大作曲家としての地位を築きます。【作曲家デビュー・傑作の森】では、現代でもお馴染みの名作を連発。作曲家ベートーヴェンの躍進劇に、ご期待ください!

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

アン・デア・ウィーン劇場での初演は大成功! オラトリオ《オリーヴ山上のキリスト》

1803年は年明け早々の引越しから始まる。モーツァルトのオペラ《魔笛》の台本作家で、その初演では自らパパゲーノ役を演じ歌う役者としても知られるエマヌエル・シカネーダーからオペラ作曲の依頼を受けたことで、彼が支配人を務めるアン・デア・ウィーン劇場の2階ウィングの居室に住むことになった。このころ身の回りの世話や作品の出版交渉などで秘書の役割をしていた実弟カールと共に、アン・デア・ウィーン劇場座付き作曲家という条件でシカネーダーと契約を交わしたのである。この契約で得た特権により4月5日にアカデミーを開催した。アカデミーでは、新作のオラトリオ《オリーヴ山上のキリスト》(作品85)を初演して大きな成功をおさめた。

——平野昭著 作曲家◎人と作品シリーズ『ベートーヴェン』(音楽之友社)68-69ページより

ちなみにこの《オリーヴ山上のキリスト》と同時に、交響曲第2番とベートーヴェン自らがソリストを務めたピアノ協奏曲第3番、そして交響曲第1番も演奏されたそうです。2時間半近くにわたるボリュームのあるプログラムですね!

ウィーンにあるアン・デア・ウィーン劇場。1801年開館。
作品紹介

オラトリオ《オリーヴ山上のキリスト》Op.85

作曲年代:1803年3月(ベートーヴェン33歳)

出版:1811年11月

平野昭著 作曲家◎人と作品シリーズ『ベートーヴェン』(音楽之友社)

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ