プレイリスト
2020.07.19
おやすみベートーヴェン 第217夜【作曲家デビュー・傑作の森】

弦楽四重奏曲第8番ホ短調 第3、4楽章——芸術を愛するラズモフスキー伯爵へ献呈

生誕250年にあたる2020年、ベートーヴェン研究の第一人者である平野昭さん監修のもと、1日1曲ベートーヴェン作品を作曲年順に紹介する日めくり企画!
仕事終わりや寝る前のひと時に、楽聖ベートーヴェンの成長・進化を感じましょう。

1800年、30歳になったベートーヴェン。音楽の都ウィーンで着実に大作曲家としての地位を築きます。【作曲家デビュー・傑作の森】では、現代でもお馴染みの名作を連発。作曲家ベートーヴェンの躍進劇に、ご期待ください!

ONTOMO編集部
ONTOMO編集部

神楽坂を拠点に、取材・編集作業をしています。

監修:平野昭
イラスト:本間ちひろ

この記事をシェアする
Twiter
Facebook

芸術を愛するラズモフスキー伯爵へ献呈 弦楽四重奏曲第8番ホ短調 第3、4楽章

ラズモフスキー伯は音楽と文学に造詣が深く、ウィーンに演奏ホールと図書室を備えた邸宅を構えるほどであった。音楽の才能も豊かで、特にヴァイオリン演奏に関してはアマチュアの域を超えていた。

——平野昭著 作曲家◎人と作品シリーズ『ベートーヴェン』(音楽之友社)89ページより

昨日に引き続き、ラズモフスキー伯爵へ献呈された長大な弦楽四重奏曲3曲セットのうちの2曲目を紹介します。

ウィーン貴族界の重要人物であった、ロシア全権大使のラズモフスキー伯爵。ヴァイオリンの名手イグナツ・シュパンツィヒ率いる弦楽四重奏団を支援し、時には第2ヴァイオリンとして自らも演奏に参加したそうです。かなりの腕前だったのですね。

アンドレイ・キリロヴィチ・ラズモフスキー伯爵(1752~1836年)
作品紹介

弦楽四重奏曲第8番ホ短調Op.59-2

作曲年代:1806年夏~11月(ベートーヴェン36歳)

出版:1808年1月美術工芸社(ウィーン)

平野昭著 作曲家◎人と作品シリーズ『ベートーヴェン』(音楽之友社)

ONTOMOの更新情報を1~2週間に1度まとめてお知らせします!

更新情報をSNSでチェック
ページのトップへ